メインメニューを開く

4代目橘家 圓蔵(たちばなや えんぞう、1864年 - 1922年2月8日)は、明治大正期に活躍した落語家。本名、松本栄吉。

4代目 橘家(たちばなや) 圓蔵(えんぞう)
4代目 橘家(たちばなや) 圓蔵(えんぞう)
三ツ組橘は、橘家圓蔵の定紋である。
本名 松本 栄吉
別名 品川の圓蔵
生年月日 1864年
没年月日 1922年2月8日
出身地 日本の旗 日本・江戸
師匠 4代目三遊亭圓生
弟子 橘家圓蔵 (4代目)#一門弟子
名跡 さん生
4代目橘家圓蔵
活動期間 1887年 - 1922年
活動内容 古典落語
地噺
所属 三遊派

北品川に住んでいたため、「品川の圓蔵」、「品川の師匠」と呼ばれた。

立て板に水の能弁で、作家芥川龍之介は「この噺家は身体全体がだ。」と感嘆した。「嘘つき弥次郎」「首提灯」「蔵前駕籠」「お血脈」「反魂香」「釜どろ」「百川」「松山鏡」「廓の穴」「芝居の穴」「三人旅」などが得意ネタ。

地噺などを得意とした。弟子6代目三遊亭圓生の話では、「山門」で石川五右衛門が欄干に足をかけて久吉を睨みつけるのを「その顔色ってのは、噺家が永代橋シャッポを飛ばしたようなもんで。」と警句を飛ばし、その上手さとおかしさに客席を沸かせたという。

人柄編集

「うちの師匠ってのは、きちんとした人でしたね。羽織なんかもなまじっかな前座にはたたませないんです。たたんでも気に入らない。たたむとこから何からじっと見てて、ちょっとでも曲がってたりなんかすると、ぱあっとひろげちゃって自分でたたみ直す。だから非常に気難しい人のように思われてたが、そういう訳じゃなくて、几帳面なんですね。」
「・・・決して、おさまったり容体ぶるってことがない、ざっくばらんな人なんです。夜なんぞは弟子たちとみんな一緒に話をしたりなんかするのが好きで、人の話を聞いてにこにこ笑いながら、時々警句をとばす。それがまたうまいんです。」
「・・・随分毒舌を吐き、ひとの悪口を言いましたが、それでいて相手を決しておこらせなかった。そこにやはり話術の妙というものがあったからだろうと思います。」

(何れも6代目圓生談)

略歴編集

父は浅草向柳原で古着商を営んでいた。妻は元吉原の芸者で「富桔梗(ふうききょう)」という芸者屋を営んでいた。始め人形芝居の一座で人形遣いをしていたが、足の役ばかりなので見切りをつけて落語家になる。(6代目三遊亭圓生談)

「・・・四代目圓生はわがままな人で、高座にあがってしゃべってるうちに『ちょいとすみません、お客様、下着を着て上がりましたが、どうも暑くてしょうがないから、今ぬいでまいりますから』って、すウっとおりちゃう。そして『おい、お前、ちょいと演ってな。』ってうちの師匠があげられるんですって。・・・とにかくその時分に、うまいうまいと評判の圓生がおりちゃって、弟子があがって演じるんですから大変なことです。・・・つまりそれで鍛えられたんでしょうね。情けですよ、こわい情けですけどね。・・・『あの時は実に苦しかったけど、今思えばやっぱりそれが師匠の情けだ』ってよく言ってました。」 — 6代目圓生談
「会員の中で圓蔵が一番先に演目で困るだろう」って心配したんです。ところが、いざふたをあけて回を重ねて行くと、一番ネタがあったんでみんなびっくりしたってえます。」 — 6代目圓生談
  • 1922年 横浜の寄席「新富亭」に出演中、気管支喘息を発症し休演後に死去。享年59。没後横浜の弘明寺に関係者らで碑が建てられた。
    • 師匠圓生は、生前「圓生は品川(圓蔵)に継がせる。」と語っていたが、圓蔵は結局圓生を襲名せぬまま亡くなってしまった。

 

一門弟子編集

門下(弟子)の育成には力を入れ3代目柳家小さんと並ぶほどだった。

3代目三遊亭小圓朝は預かり弟子、2代目三遊亭三福(後の3代目三遊亭圓遊)も一時期圓蔵の内輪に属していた。その弟子であった後の林家彦六はこの間に橘家二三蔵を名乗っている。