橘家 文太(たちばなや ぶんた、1987年5月5日 - )は、落語協会・トリプルフィールドネットワーク[1](マネジメント)に所属する落語家

橘家たちばなや 文太ぶんた
本名 川島かわしま 幸平こうへい
生年月日 (1987-05-05) 1987年5月5日(34歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県北九州市
師匠 3代目橘家文蔵
名跡 1.橘家門朗
(2016年 - 2020年)
2.橘家文太
(2020年 - )
出囃子 炭坑節
活動期間 2014年 -
所属 落語協会
トリプルフィールドネットワーク(マネジメント)
備考
九州で活動中

経歴編集

人物・エピソード編集

  • 二ツ目昇進後の福岡移住を勧めてくれたのは師匠の文蔵[3]
  • JR折尾駅前の居酒屋「きらく」は母親が経営する店[4][5]
  • 東京NSC17期生で、落語家になる前は実弟2人とのお笑いトリオ「たらこ三兄弟」を組んでいた[6]

出演編集

テレビ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 天野隆 (2021年4月30日). “『落語car』お披露目会を5月5日13時より高見神社にて開催  ~世界初の動く演芸場~”. PR TIMES. https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000079021.html. "弊社所属の(一社)落語協会二ツ目橘家文太" 
  2. ^ 宮原勝彦 (2020年7月29日). “「二つ目」落語家、北九州に拠点 「古里でファン増やせ」師匠後押し”. 西日本新聞. https://www.nishinippon.co.jp/item/n/630345/ 
  3. ^ 山根秀太 (2020年9月24日). “脱東京に勝機あり?北九州に「移住」した落語家・橘家文太さんに聞いてみた”. 福岡ふかぼりメディア ささっとー. 読売新聞西部本社. 2020年9月24日閲覧。 “そこで師匠から福岡行きを勧められた”
  4. ^ つながり寄席席亭 天野 (2020年2月21日). “【文太さん母の店】”. twitter. 2020年9月15日閲覧。
  5. ^ きらく”. 食べログ. 2020年9月11日閲覧。
  6. ^ 芸人名鑑”. kaleidoline.jp. 2020年10月21日閲覧。
  7. ^ 北九州市 市政番組「今日の焦点・北九州」|FBS福岡放送” (日本語). 今日の焦点・北九州|FBS福岡放送. FBS福岡放送. 2021年4月2日閲覧。

外部リンク編集