橘恒平
時代 平安時代中期
生誕 延喜22年(922年
死没 永観元年11月15日983年12月21日
別名 旧字:恆平
官位 正四位下参議
主君 朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇
氏族 橘氏
父母 父:橘敏行
母:定国王娘・和子女王
兄弟 定平、広平、恒平、藤原尹風室
増賀[1]藤原敦信室?
テンプレートを表示

橘 恒平(たちばな の つねひら)は、平安時代中期の公卿右近衛少将・橘敏行の三男。官位正四位下参議

経歴編集

天慶7年(944年)帯刀長を経て、天慶9年(946年右近衛将監に任ぜられる。天暦2年(948年播磨権大掾を務め、天暦4年(950年従五位下叙爵

天暦5年(951年越前介に任ぜられる。天暦10年(956年)には玄蕃頭に転じ、応和元年(961年)に豊後守に任ぜられる。康保3年(966年)治国が賞され従五位上に陞叙。康保4年(967年尾張守に任ぜられた。

安和元年(968年東宮(守平親王(後の円融天皇))昇殿を許される。円融朝では、美濃守木工頭近江守を経て従四位上・近江権守、さらに天元2年(979年)には修理大夫に任ぜられ、天元4年(981年)に正四位下・近江権守に叙任される等急速に昇進。そして永観元年(983年)遂に参議に任ぜられ公卿に列した。また、この間の貞元2年(977年)8月には左大臣藤原頼忠家歌合に列している。

しかし、3日後に病により出家。2日後に卒去した。享年62。

官歴編集

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 天慶7年(944年):帯刀長に補す。
  • 天慶9年(946年)7月17日:右近衛将監に任ず(踐祚)。
  • 天暦2年(948年)正月30日:播磨権大掾に任ず。
  • 天暦4年(950年)正月7日:従五位下に叙爵。
  • 天暦5年(951年)正月30日:越前介に任ず。
  • 天暦10年(956年)5月15日:玄蕃頭に任ず。
  • 天徳4年(960年)正月12日:藤原師輔大饗に侍す。
  • 応和元年(961年)閏3月17日:豊後守に任ず。
  • 康保3年(966年)正月9日:従五位上に叙す(治国)。
  • 康保4年(967年)正月20日:尾張守に任ず。
  • 安和元年(968年):東宮昇殿を聴す。
  • 天禄3年(972年)正月14日:美濃守に任ず。2月:昇殿を聴す。
  • 天延4年(976年)6月16日:木工頭に任ず。
  • 貞元2年(977年)正月:正五位下に叙す(治国)。正月29日:近江守を兼ぬ(受領如元)。3月26日:従四位下に叙す(今日行幸閑院第賞。依家司所敍也)。
  • 貞元2年(977年)5月:木工頭を罷む。8月2日:従四位上に叙す(造宮賞)。12月9日:近江権守に任ず。
  • 天元2年(979年)正月1日:修理大夫に任ず。
  • 天元4年(981年)正月29日:近江権守に任ず(重任)。12月4日:正四位下に叙す(造宮功)。
  • 永観元年(983年)11月11日:参議に任ず。修理大夫如元。11月13日:病に依りて出家。11月15日:卒す。享年62。

系譜編集

  • 父:橘敏行
  • 母:和子女王 - 定国王の娘
  • 妻:不詳

脚注編集

  1. ^ a b 名は僧賀とも表記される(『尊卑分脈』)