橘春成

平安時代初期から前期にかけての貴族
 
橘春成
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上大膳大夫
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇
氏族 橘氏
父母 父:橘枝主
兄弟 高成春成
秋実、高見王
テンプレートを表示

橘 春成(たちばな の はるなり)は、平安時代初期から前期にかけての貴族図書頭・橘枝主の子。官位従五位上大膳大夫

経歴編集

仁明朝承和13年(846年従五位下叙爵し、嘉祥元年(848年能登守に任ぜられる。

仁寿4年(854年斎院長官に任ぜられると、天安2年(858年雅楽頭、天安3年(859年大判事文徳朝後半から清和朝前半にかけて京官を歴任した。貞観9年(867年) 正月に従五位上・武蔵守に叙任されて地方官に転じるが、早くも翌月には大膳大夫として京官に復している。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

  • 父:橘枝主
  • 母:不詳
  • 妻:不詳

脚注編集

  1. ^ 『秩父慈光寺栄朝大禅師系図』

参考文献編集