メインメニューを開く

橘 正紀(たちばな まさき、1976年[1] - )は日本アニメーション監督アニメーション演出家

目次

来歴編集

東映アニメーションで演出助手を務めた後、Production I.Gにて『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズや『精霊の守り人』などの絵コンテ演出を数多く担当する。

その後、2009年東京マグニチュード8.0』でテレビシリーズ初監督。この作品で第13回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した[2]

主な参加作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場作品編集

WEBアニメ編集

ゲーム編集

脚注編集

  1. ^ 優秀賞 - 東京マグニチュード8.0”. 文化庁メディア芸術祭 公式. 2014年7月6日閲覧。
  2. ^ 『東京マグニチュード8.0』、文化庁メディア芸術祭のアニメ部門で優秀賞”. マイナビニュース. 2014年7月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集