橘正通
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
官位 正四位下宮内卿
主君 円融天皇
氏族 橘氏
父母 父:橘実利
テンプレートを表示

橘 正通(たちばな の まさみち)は、平安時代中期の貴族歌人漢詩人右大臣橘氏公の玄孫[1][2]である大舎人頭・橘実利の子。官位正四位下宮内卿[1]

経歴編集

大学寮にて学び、源順に師事する。加賀掾・宮内少丞を歴任。具平親王侍読を務め、門下に紀斉名らを育てた。

本朝神仙伝』によると、晩年は高麗へと渡ったという。天禄3年(972年)の「女四宮歌合」などへの出詠が知られ、『詞花和歌集』『本朝文粋』『類聚句題抄』『善秀才宅詩合』などにその詩作が残っている。

脚注編集

  1. ^ a b 『尊卑分脈』
  2. ^ 「橘氏系図山中」(『続群書類従』巻第164所収)では橘氏人の曾孫とする。