メインメニューを開く

橘湾 (徳島県)

徳島県阿南市の紀伊水道に面した湾
明神山からの橘湾
橘湾 (徳島県)の位置(徳島県内)
橘湾 (徳島県)
徳島県内の位置

橘湾(たちばなわん)は、徳島県阿南市紀伊水道に面したである。「阿波松島」と呼ばれている。

地理編集

阿南市大潟町橘町中林町福井町福村町にわたる湾で、西に深く湾入し、典型的なリアス式海岸を呈する。

北は那賀川の堆積物によって作られた砂浜海岸、南は太平洋の荒波を隔てる蒲生田岬・燧崎に囲まれた湾で天然の良港となっている。

湾の北部には、淡島海岸中林海岸北の脇海岸と海水浴場が並び、特に淡島海岸沖には青島中津島烏帽子島丸島などの小島が浮かび、磯釣りの名所となっている。

湾の主部には小勝島野々島高島舞子島長島弁天島など大小20余りの島々が点在し、岬や入江が多い。

湾の南部には、かつて紀伊水道を通う船の寄港地として重要であった椿泊港があり、徳島藩政期は阿波水軍の根拠地であった。椿泊の対岸が蒲生田岬で、この東約4kmの海上には棚子島前島伊島などの島が群をなして浮かぶ。

湾内の主な島嶼編集

参考文献編集

外部リンク編集