メインメニューを開く

橘町(たちばなまち)はかつて神奈川県足柄下郡に位置していたの一つ。1971年(昭和46年)、隣接の小田原市と合併し、神奈川県小田原市となった。

橘町
廃止日 1971年昭和46年)4月1日
廃止理由 編入合併
橘町→神奈川県小田原市
現在の自治体 小田原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
足柄下郡
団体コード 14381-4
面積 8.88km2.
総人口 6,977
1971年4月1日時点)
隣接自治体 小田原市
足柄上郡中井町
中郡二宮町
橘町役場
所在地 神奈川県足柄下郡橘町前川655
 表示 ウィキプロジェクト

目次

橘町の歴史編集

  • 1889年明治22年)4月1日、町村制の施行により以下の町村が発足した。
    小船村、中村原村、上町村、沼代村、小竹村、淘綾郡山西村(一部)が合併し、下中村になる。
    前川村、羽根尾村、淘綾郡川匂村(一部)の村が合併し前羽村になる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 下中村と前羽村が合併し、町制施行で橘町が発足。
  • 1971年(昭和46年)4月1日 橘町が小田原市に編入される。

大字前川は国府津をはさんで東西に分かれているため、西部分(現在の小田原シティーモール付近)は小田原市に囲まれた飛び地となっていた。

特産品編集

小田原市橘地区(旧橘町)は江戸時代から良質な柑橘栽培地として有名だったが、現在ではウメを中心とする漬物製造業がさかんである。特に、相州梅干、桜花漬、イカ塩辛が有名で、桜花漬については全国のおよそ8割がこの地域周辺で生産されている。

また、旧下中村にあたる北部は、農業が盛んであり、今日でもタマネギと乳牛の産地として知られている。

学校編集

小学校編集

公立

  • 橘町立前羽小学校
  • 橘町立下中小学校

中学校編集

公立

  • 橘町立橘中学校

文化財編集

関連有名人編集

歴史上の人物編集

橘町ゆかりの有名人編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ 相模人形芝居下中座の歩み

外部リンク編集

関連項目編集