機甲軍(きこうぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

機甲軍
創設 1942年昭和17年)7月4日
廃止 1943年(昭和18年)10月30日
所属政体 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 満州
最終上級単位 関東軍
最終位置 満州 四平
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

沿革

編集

1942年(昭和17年)7月4日、大陸命第655号により編成が命ぜられ、関東軍の編組に編入された。満州東部国境の防衛を担う戦車部隊の教育錬成、人員・機材の補充や補給を任務とし、有事の際には第1方面軍に隷下戦車師団を配備する計画であった。

1943年(昭和18年)10月30日、大陸命第881号により編組が解かれ廃止された。

軍概要

編集

歴代司令官

編集
  • 吉田悳 中将:1942年(昭和17年)6月26日 - 1943年(昭和18年)10月15日

歴代参謀長

編集
  • 寺田雅雄 少将:1942年(昭和17年)6月28日 - 1943年(昭和18年)10月15日

司令部構成

編集
  • 高級参謀 福山寛邦 大佐
  • 参謀(作戦) 糀卓次 中佐
  • 参謀 瀬口勇 少佐

廃止時の所属部隊

編集

関連項目

編集

参考文献

編集
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。