メインメニューを開く

檀那(だんな)は、本来仏教の用語で、「布施」を意味する梵語「ダーナ(दानdāna)」の訳語である。旦那とも書く。

インド・ヨーロッパ祖語の"donum(贈る)"を起源としてから派生した梵語ではこの項目の「ダーナ(旦那)」であるが、一方で西洋に伝わり英語に取り込まれたり、日本語化した単語"donation(ドネーション)"、"donor(ドナー)"も同じような起源と意味を持つ単語である。[1]

日本における用法編集

日本では、後に特定の寺院に属してその経営を助ける「布施をする人(梵語、ダーナパティ、dānapati。漢訳、陀那鉢底)」をも意味するようになって「檀越(だんおつ、だんえつ)」とも称された。中世以降に有力神社御師職が置かれて祈祷などを通した布教活動が盛んになると、寺院に限らず神社においても祈祷などの依頼者を「檀那」と称するようになった。

また、奉公人がその主人を呼ぶ場合などの敬称にも使われ、現在でも女性がその配偶者を呼ぶ場合に使われている。

関連項目編集

脚注編集