メインメニューを開く

檜山哲彦(ひやま てつひこ、1952年3月25日[1] - )は、日本のドイツ文学者俳人東京藝術大学教授。

広島県生まれ。修道高等学校を経て、1975年東京大学文学部独文科卒、1977年同大学院修士課程修了。東大文学部助手を経て、1978年から1981年にかけて西ドイツボン大学に学ぶ。1981年東京藝術大学音楽学部専任講師、1983年助教授、2004年教授。専門はドイツ文学抒情詩)、ユダヤ文化論。俳人としては沢木欣一に師事。俳誌「風」「万象」を経て「りいの」創刊主催。2001年、第1句集『壺天』で第25回俳人協会新人賞受賞。

著書編集

  • 『壺天 句集』角川書店 2001
  • 『あああこがれのローレライ ドイツ詩のなかの愛とエロス』ベスト新書 2005
  • 『天響 檜山哲彦句集』角川書店 角川21世紀俳句叢書 2012

共著編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.462

参考編集

関連項目編集