メインメニューを開く

檜川 彰人(ひかわ あきひと、1963年11月4日 - )は東京都調布市生まれ、兵庫県育ちの日経ラジオ社大阪支社のアナウンサー。身長174cm、血液型AB型。

人物編集

東京都調布市にて誕生後、実家のある兵庫県に転居。関西大倉高等学校関西学院大学法学部政治学科卒業。1986年に福岡放送にアナウンサーとして入社、1990年に当時の日本短波放送(ラジオたんぱ。現・日経ラジオ社)へ移籍。東京本社所属を経て、1999年に木和田篤との入れ替わりで大阪支社へ異動、以降は大阪支社常駐となって現在に至る(前述の家庭の事情から、大阪支社常駐を志願したため)。3人のベテランアナ(北野守藤田直樹広瀬伸一)の下で経験を積んで頭角を現し、2000年のエリザベス女王杯で、入社10年目にして念願のGIレース初実況を果たした。翌年2001年には、自身初の海外ビッグレース実況となるドバイシーマクラシックドバイワールドカップの実況を現地で担当した。2001年以降は関西の短距離~中距離GIの実況を務め、2010年から2015年までは牝馬GI全4レースの実況を担当した。 現在は関西主場で多くのレースを実況している。なお、本人が実況してきたGIレースの実況の中でもまだ横山典弘騎手が勝ったことはない。

逸話編集

牝馬のGIレースを数多く担当しており、2012年の秋華賞ジェンティルドンナヴィルシーナがゴールしたシーンを「まったく並んでゴールイン!」と実況しており、これは2016年の桜花賞シンハライトジュエラーが並んだ場面も同じような実況をしてきた。またこのことについてはラジオNIKKEIの挑戦!聴く競馬クイズにも出題された。

風貌がジネディーヌ・ジダンヨルダン・レチコフに似ていることから、一部で「ジダン檜川」あるいは「レチコフ檜川」[1]と呼ばれ、『うまきんIII』(大関隼と共に関西コーナーを担当)では渡辺和昭から頭髪ネタや下ネタをしばしば出されている。現在はスキンヘッドにしているが、当の本人はビジュアルにかなりコンプレックスを抱いており、「今後は深く、静かに、目立たぬよう」をモットーにするくらい表に出ることを非常に嫌っている。

アニメオタクとしても知られ、『アニソンポッド』での進行役を担当している。

プロ野球は福岡で仕事をしていた縁もあって、かつては福岡ダイエーホークス~福岡ソフトバンクホークスのファンであったが、地元のオリックス・バファローズファンへと鞍替えした。

Jリーグも同じく地元のヴィッセル神戸を応援しており、試合観戦(主にホームのノエビアスタジアム神戸が中心)だけではなく、いぶきの森球技場での練習にも足を運んでいる。

出演番組編集

過去の出演番組編集

競馬GI・JpnI実況履歴編集

脚注編集

出典編集