メインメニューを開く

櫃石島橋(ひついしじまばし)は、瀬戸大橋海峡部のうち、北から2番目にある

櫃石島橋
Hitsuishijima Bridge.jpg
基本情報
日本の旗 日本
所在地 香川県坂出市櫃石 - 坂出市岩黒
交差物件 瀬戸内海
建設 1978年 - 1988年
座標 北緯34度24分35秒 東経133度48分25.6秒 / 北緯34.40972度 東経133.807111度 / 34.40972; 133.807111
構造諸元
形式 3径間連続鋼トラス斜張橋
全長 792m
高さ 148m、152m(主塔)
最大支間長 420m
地図
櫃石島橋の位置(香川県内)
櫃石島橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道30号標識

目次

概要編集

香川県坂出市櫃石島岩黒島の間に架かる、全長792m道路鉄道併用の斜張橋である。岩黒島橋と共に2連の斜張橋を構成する。

長さや外観は、岩黒島橋と同じだが、国際航路である南方の備讃瀬戸で桁下の高さが必要なため、四国側に1%の上り勾配となっており、4本の塔で高さが異なる[1]。 橋脚は、最下部から橋桁部に向かって広くなり、橋桁から上に行くと、間隔が狭くなり、最上部で平行となる形状をしている。この形状は、「かぶと」や「神社の屋根」をモチーフとしたデザインである[1]。 橋脚内部にはエレベータがあり、斜めに上がっていくようになっている。

計画段階では、岩黒島橋と共に鳥かご状のトラス橋となる予定であったが、景観に配慮して、斜張橋に変更された[2]

データ編集

  • 橋梁形式:3径間連続鋼トラス斜張橋
  • 着工:1978年昭和53年)
  • 竣工:1988年(昭和63年)
  • 全長:792m
  • 中央支間:420m
  • 橋脚の高さ
    櫃石島側:148m
    岩黒島側:152m

隣接する橋梁編集

関連事項編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 本四公団編(1988)、218ページ
  2. ^ 本四公団編(1988)、279ページ

参考文献編集