櫛八玉神(くしやたまのかみ)は、日本神話に登場する

櫛八玉神

神祇 天津神
全名 櫛八玉神
別名 伊佐我命、出雲建子命、伊勢津彦
神格 御饌神、鳥神
武夷鳥命
天甕津日女神
津狡命美志印命彦建忍雄心命
神社 伊佐我神社
関連氏族 出雲国造津島県造素賀国造
テンプレートを表示

概要編集

古事記』では櫛八玉神、『諸系譜』第一冊では櫛八玉命と表記され、伊佐我命(いさがのみこと)、出雲建子命伊勢津彦の別名を伝えている。このため、邇芸速日命(伊勢津彦)と同神とする説もあるが、邇芸速日命が大和で活動していたことに対し、伊佐我命は出雲国造の祖神になったと伝えるため、この両者は兄弟でも同一神ではなかったとされる [1][2]

『古事記』では水戸神の孫と伝え、国譲りの後、膳夫となって鵜に化身して海底に潜り、海底の粘土を使って天八十毘良迦(天八十平瓮)を作り、海藻や魚を神饌として大国主神に献じたとされる。

『諸系譜』第一冊では父を天穂日命の子・天夷鳥命、母を水門神の娘・天甕津日女命と伝え[3]、水門神の孫とする『古事記』の記述と一致する。この系図について、水門神とは高比売命のことで、天夷鳥命が高比売命の子とする説がある[4]

系譜編集

天穂日命の子・天夷鳥命が水門神の娘・天甕津日女命を娶って生んだ子で、子に津狡命美志印命彦建忍雄心命がいる。

津狡命は出雲国造の祖であり、美志印命は素賀国造の祖となった。

系図編集

脚注編集

  1. ^ 宝賀寿男塩の神様とその源流」『古樹紀之房間』、2008年。
  2. ^ 宝賀寿男「神々の系譜と海神族の初期分岐過程」『古樹紀之房間』、2011年。
  3. ^ 中田憲信「東国諸国造 伊勢津彦の後裔」『諸系譜』第一冊。
  4. ^ 宝賀寿男「塩の神様とその源流」『古樹紀之房間』、2008年。

関連項目編集