櫨山裕子(はぜやま ひろこ、1960年 - )は、日本テレビ放送網所属で現在は情報・制作局・局長待遇ゼネラルプロデューサー。

経歴編集

東京女子大学社会学部卒業後、1983年日本テレビ入社。バラエティ番組音楽番組のADを担当し、1989年に『鶴ちゃんのプッツン5』のディレクターに昇格。1994年にドラマ制作部に異動。以後、数多くのテレビドラマをプロデュースしている。『金田一少年の事件簿』のプロデュースを皮切りに、堤幸彦とのタッグで「土9」ドラマを日テレの看板枠に押し上げた。代表作に、『銀狼怪奇ファイル』『サイコメトラーEIJI』『ハケンの品格』など。

以前は、日本テレビ放送網編成局制作センタードラマ制作担当副部長兼編成局(2006年1月からは、制作局)プロデューサー、ドラマ局チーフプロデューサー、制作局ドラマ制作部長、制作局プロデューサー兼SCC(シニア・チーフ・クリエイター)を務めた。

2009年7月よりドラマ局チーフプロデューサー。2010年7月よりドラマ局シニアチーフクリエイター。2011年7月制作局ドラマセンターに改称。2015年6月制作局専門局次長兼務、2017年6月制作局専門局長兼ドラマ担当統括プロデューサー。2018年6月より局長待遇ストックコンテンツセンターゼネラルプロデューサー[1]、2019年5月31日を持ってストックコンテンツセンターが廃止になった。

作品編集

ディレクター編集

プロデューサー編集

チーフプロデューサー編集

シニアチーフクリエイター編集

脚注編集

  1. ^ 文化通信2018年5月16日(水)付より。

外部リンク編集