櫻井秀勲(さくらい ひでのり、1931年3月4日 - )は日本の作家編集者評論家YouTuber。『ウーマンウェーブ』代表取締役会長、『きずな出版』代表取締役社長、『KIZUNA CREATIVE』取締役、『早稲田運命学研究会』主宰。元女性自身編集長。著者『女がわからないでメシが食えるか』『男の運命は35歳で決まる』など200冊に及ぶ。古今東西の占い・運命学を研究活用している。東京都墨田区出身。東京外国語大学ロシア語学科卒業。

さくらい ひでのり
櫻井 秀勲
生誕 (1931-03-04) 1931年3月4日(90歳)
日本の旗 日本 東京都墨田区
出身校東京外国語大学ロシア語学科
職業作家
編集者
評論家
YouTuber
活動期間1953年 - 現在
著名な実績著書『女がわからないでメシが食えるか』
著書『男の運命は35歳で決まる』
著書『人脈につながるマナーの常識』
著書『今夜から!口説き大王』
著書『寝たら死ぬ!頭が死ぬ!』
影響を受けたもの色川武大
松本清張
三島由紀夫
川端康成
肩書き『ウーマンウェーブ』代表取締役会長
『きずな出版』代表取締役社長
『KIZUNA CREATIVE』取締役
『早稲田運命学研究会』主宰
公式サイトhttps://www.sakuweb.jp
櫻井秀勲
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年3月4日 -
登録者数 約1.21万人
総再生回数 1,527,958 回
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年1月16日時点。
テンプレートを表示

人物編集

1931年昭和6年)東京都墨田区に生まれる。東京外国語大学ロシア語学科卒業。

1953年(昭和28年)光文社に入社。同期にロシア文学者原卓也がいる。文芸誌の編集者を務め、色川武大松本清張三島由紀夫川端康成など多くの文豪達と交流。

1962年(昭和37年)31歳で「女性自身」の編集長に抜擢、最高部数147万部の新記録を達成した。

1970年(昭和45年)に発生した労働争議を機に光文社を退社し、祥伝社の設立に参加する。以後『微笑』(1971年~)『新鮮』(1972年~)『ラセーヌ』(1986年~)を創刊。女性誌の一時代を築いた。

1986年(昭和61年)55歳で独立を機に『女がわからないでメシが食えるか』で作家デビュー。シリーズ40万部を越えるベストセラーとなった。以来、『人脈につながるマナーの常識』『今夜から!口説き大王』『寝たら死ぬ!頭が死ぬ!』など、著作は200冊を超える。運命学・女性学性科学結婚論などに関する執筆に従事して、女性心理・女性の生き方(恋愛・セックス・結婚・ビジネス)研究の第一人者となる。更に「口説きの裏ワザクマグス」として『新知識階級 クマグス』出演など、様々な媒体で広く活動している。

2009年(平成21年)早稲田運命学研究会主宰。過去に文芸誌の編集者時代に、芥川賞作家にして、手相学人相学の天才ともいわれた五味康祐に師事していた。人相学・手相学をはじめとする「運命学」を直伝。以来、独自に研究を重ねながら、占い・運命学を活用。アストロロジャー來夢に「運命実践家」と称される。

2013年平成25年)82歳で、出版社「きずな出版」を創業。2018年(平成30年)本のさらなる可能性を求め「KIZUNA CREATIVE」取締役となる。

2020年令和2年)89歳の誕生日(3月4日)にYouTuberデビュー。人生相談を趣とする『櫻井秀勲の書斎』チャンネルを設立。女性の心理や口説き方、運命学だけでなく、松本清張や三島由紀、川端康成といった名だたる作家との交流や体験談などを話している。

光文社取締役編集室長、祥伝社取締役編集部長、秀友社代表取締役、学習研究社編集顧問、共立女子短期大学講師を経て、現在、ウーマンウエーブ代表取締役会長、きずな出版代表取締役社長、KIZUNA CREATIVE取締役を兼任。

『運命は35歳で決まる』『運命が怖いくらいわかる事典』『男の運命は女で決まる』『神秘力』など運命学に基づく著作はいずれもロングセラーになっており、その研究は50年に及ぶ。

主な著作編集

  • 「女がわからないでメシが食えるか」
  • 「運命は35歳で決まる」
  • 「運命が怖いくらいわかる事典」
  • 「男の運命は女で決まる」

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集