櫻井賞(さくらいしょう、: Sakurai Medal)は、日本鉱物科学会新鉱物の研究に貢献し、顕著な業績をあげた会員に贈呈する[1]。 鉱物学者・櫻井欽一の還暦を記念して1973年に設立された。当初は櫻井記念会が独自に授与していたが、1999年からは日本鉱物学会が規定する賞の一つとなった。また、2007年からは、日本鉱物学会と日本岩石鉱物鉱床学会が合併し日本鉱物科学会が発足したため、同会が授与している。受賞者には、賞状、純銀製メダルおよび副賞が授与される。メダルには、受賞者の氏名と受賞対象となった新鉱物名が刻印される。

櫻井賞
受賞対象新鉱物の研究
会場日本鉱物科学会年会総会
日本の旗 日本
主催一般社団法人日本鉱物科学会
初回1973年
最新受賞者高井康宏
公式サイトhttp://wwwsoc.nii.ac.jp/jams3/award.html
櫻井賞奨励賞
受賞対象記載鉱物学
会場日本鉱物科学会年会総会
日本の旗 日本
主催一般社団法人日本鉱物科学会
初回1998年
最新受賞者白神加奈子
公式サイトhttp://wwwsoc.nii.ac.jp/jams3/award.html

また、櫻井賞奨励賞(さくらいしょうしょうれいしょう、: Sakurai Promotion Medal)は、「記載鉱物学上の顕著な業績のあった若手の会員に[1]」贈呈される賞。1998年に設立された。

櫻井賞受賞者編集

所属は受賞当時のものである[2]

櫻井賞奨励賞受賞者編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本鉱物科学会 (2007年9月22日). “櫻井賞規定 (PDF)”. 2011年11月3日閲覧。
  2. ^ 2002年受賞までの出典は『櫻井賞歴代受賞者』(宮島宏、フォッサマグナミュージアム)。2019年1月20日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集