メインメニューを開く

櫻田智也(さくらだ ともや、1977年 - )は、日本推理作家北海道函館市出身・在住。埼玉大学大学院修士課程修了。2013年東京創元社主催の第10回ミステリーズ!新人賞を受賞し、デビュー。

櫻田 智也
誕生 1977年????
北海道 函館市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
主な受賞歴 ミステリーズ!新人賞(2013年)
デビュー作 「サーチライトと誘蛾灯」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

略歴編集

デイリーポータルZの元ライター。 2008年1月[1]より2011年3月(東日本大震災直前)[2]まで掲載。 当時は、当時居住していた岩手県の環境や土地柄を生かし、身体を張った奇抜なアイデア・行動を織り交ぜた記事をよく執筆していた。 本人によれば、もう一本記事を最後に掲載する予定であったが、震災後に気力が戻らず、そのまま終了となった、とTwitterで語っている[3]

2013年、「友はエスパー」が第4回創元SF短編賞の最終候補となる。同年、「サーチライトと誘蛾灯」で第10回ミステリーズ!新人賞(選考委員:新保博久法月綸太郎米澤穂信)を受賞[4]

作品リスト編集

  • 「サーチライトと誘蛾灯」(『ミステリーズ!』Vol.61、2013年10月号、東京創元社) - 第10回ミステリーズ!新人賞受賞。
  • 「緑の女」(『ミステリーズ!』Vol.67、2014年10月号、東京創元社) - 『ベスト本格ミステリ2015』(講談社ノベルス)所収。
  • 「追憶の轍」(『ミステリーズ!』Vol.69、2015年2月号、東京創元社)
  • 「ホバリング・バタフライ」(『ミステリーズ!』Vol.78、2016年8月号、東京創元社)

参考資料編集

脚注編集

  1. ^ 初登場『田舎でフリーハグ』[1]
  2. ^ 最終回となる『最近「ドライブイン」には行っていますか?』[2]
  3. ^ デイリーポータルZ掲載終了までの経緯が本人から語られた-Twitter[3]
  4. ^ 第23回鮎川哲也賞・第10回ミステリーズ!新人賞贈呈式レポート [4]