次田 大三郎(つぎた だいざぶろう、1883年明治16年)3月18日 - 1960年昭和35年)9月15日)は、貴族院議員ならびに廣田内閣法制局長官幣原内閣内閣書記官長岡山県西大寺水門町(現・岡山市東区)に生まれる。第六高等学校東京帝国大学卒業。幼名は七五三五郎[1]

次田大三郎

妻は三菱総理事や南満州鉄道副総裁を務めた江口定条の娘[2]日本共産党議長などを務めた野坂参三は義弟。

経歴編集

次田大三郎の四男[1]東京帝国大学法科大学政治科卒業[3]。東京帝大卒業後は官僚となる。1909年明治42年)11月、高等文官試験行政科を合格。茨城県属。1924年大正13年)1月、茨城県知事に就任。1925年(大正14年)9月 土木局長となり、1927年(昭和2年)職を辞する。1929年(昭和4年)公職に復帰し、地方局長、警保局長内務次官を経て、1931年(昭和6年)12月12日、貴族院議員に勅選され[4]1936年(昭和11年)3月10日 廣田内閣法制局長官となり、1937年(昭和12年)2月2日まで務める。1945年(昭和20年)10月、幣原内閣国務大臣内閣書記官長に就任し戦後処理に尽力する。1946年(昭和21年)5月14日、貴族院議員を辞職[5]。同年9月GHQにより同内閣の堀切善次郎(内相)、前田多門(文相)、松村謙三(農林相)、田中武雄(運輸相)とともに公職を追放された。追放中の1948年(昭和23年)10月、兵器処理問題に関し、衆議院不当財産取引調査特別委員会に東久邇稔彦津島寿一渋沢敬三らとともに証人喚問された[6]

1950年(昭和25年)10月13日、公職追放解除が閣議決定[7]1953年(昭和28年)4月、第3回参議院議員通常選挙において全国区から無所属で出馬したが落選した[8]。1960年9月15日死去。享年77。

著作編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 人事興信所 1928, ツ20頁.
  2. ^ 人事興信録 2版 軍事興信所 人事興信所日露戦争実記 博文館陸海軍将官人事総覧 陸軍篇 外山操 芙蓉書房
  3. ^ 『実録野坂参三:共産主義運動 “スパイ秘史”』近現代史研究会、1997年4月発行、52頁
  4. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年、39頁。
  5. ^ 『官報』第5799号、昭和21年5月17日。
  6. ^ 第3回国会 衆議院 不当財産取引調査特別委員会 第6号 昭和23年10月20日
  7. ^ 「二万余名を追放解除」『日本経済新聞』昭和25年10月14日1面
  8. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年、544頁。

参考文献編集

外部リンク編集


公職
先代
潮恵之輔
  内務次官
第33代:1931年
次代
河原田稼吉