メインメニューを開く
本来の表記は「欧陽詹」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

欧陽詹(歐陽詹、おうよう せん、生没年不詳)は、文人学者は行周。本貫泉州晋江県

経歴編集

その祖先は代々泉州の州佐や県令をつとめた。建中元年(780年)、常袞福建観察使となると、欧陽詹は羅山甫とともに見出された。貞元8年(792年)、進士に及第し、韓愈李観李絳崔群王涯馮宿庾承宣らとともに「龍虎榜」と称された。福建の人で進士に及第したのは、欧陽詹が最初であった。

国子監四門助教となり、韓愈を推薦して四門博士とするよう運動した。40数歳で死去した。死後に『欧陽行周文集』10巻が編まれた。

編集

作品に、『題延平剣潭(延平の剣潭に題す)』(七言絶句)がある。

題延平剣潭
想像精霊欲見難 精霊を想像し 見んと欲すれども難し
通津一去水漫漫 通津(つうしん) 一(ひと)たび去って水漫漫(まんまん)たり
空余昔日凌霜色 空しく余す 昔日 霜を凌(しの)ぐ色
長與澄潭生昼寒 長(とこし)えに澄潭(ちょうたん)と与(とも)に昼寒(ちゅうかん)を生ず

伝記資料編集

出典編集