欽一石(きんいちせき[3]kinichilite)は、テルル酸塩鉱物の一種。化学組成は Mg0.5[(Mn,Zn)Fe3+(TeO3)3]·4.5H2O[3]結晶系六方晶系

kinichilite
分類 テルル酸塩鉱物
シュツルンツ分類 4.JM.05
Dana Classification 34.3.2.2
化学式 (Fe,Mg,Zn)2(TeO3)3(NaxH2-x)・3H2O
結晶系 六方晶系
モル質量 730.80 gm
粘靱性 もろい
モース硬度 2
光沢金剛光沢
暗褐色
条痕 褐色
密度 4.11 g/cm3
光学性 一軸性
屈折率 nω = 1.800、nε = 1.800
複屈折 δ = 0.000
文献 [1][2]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

産出地編集

静岡県下田市河津鉱山で、堀秀道鉱物科学研究所)により発見された新鉱物

サイド・ストーリー編集

鉱物名は鉱物学者櫻井欽一にちなむ。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Kinichilite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=2212 2012年5月18日閲覧。  (英語)
  2. ^ Kinichilite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Kinichilite.shtml 2012年5月18日閲覧。  (英語)
  3. ^ a b 松原聰宮脇律郎『日本産鉱物型録』東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年。ISBN 978-4-486-03157-4

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集