歌ってみた

SNSなどにて自ら歌ってカバーした動画のこと
歌い手から転送)

歌ってみた(うたってみた)とは、SNS動画共有サイト上にて自ら歌ってカバーした動画のジャンルを表す用語。歌ではなく楽器でカバーする場合は、「演奏してみた」「弾いてみた」などとも呼ばれる。

概要編集

自分の歌声を録音または撮影し、SNSやインターネット上に配信することである[1]。「歌ってみた」を配信した動画のことを「歌ってみた動画」という。また、「歌ってみた」を中心に活躍するアマチュア歌手を「歌い手」と呼ぶ。

日本では、2000年代中盤にニコニコ動画YouTubeといった動画投稿サイトが誕生したことにより、サイト上に既存の楽曲をカバーした動画を投稿するアマチュアシンガーが登場し、動画投稿者を当初「歌手ではない」「歌手ほど大それたものではない」という意味合いで「歌い手」と呼ぶ文化が定着していった[2]

「歌ってみた」という表現は、2007年5月にこの単語がニコニコ動画内の動画ジャンルを表すカテゴリタグに採用されたことが由来となっている(カテゴリタグとしては2019年に廃止)。

近年ではプロのシンガーソングライターなどが自身または他アーティストの曲をネット上でカバーする「歌ってみた動画」が注目されつつある[3]

歌ってみたと著作権編集

音楽作品には、著作権の他に、著作隣接権というものが存在する。著作権は創作をした人に、著作隣接権は演奏をした人などに与えられる権利である。そのため、カラオケ音源などを無断で使用して歌ってみた動画を配信すると、著作隣接権の侵害となる。また、音楽家だけでなく、絵師、動画師、MIX師、エンコード師なども著作権を所有しているため、無断でイラストや動画を使用して歌ってみた動画を配信することも著作権の侵害となる[4]

ボカロと「歌い手」の関係編集

2007年8月にVOCALOIDライブラリの初音ミクが登場して以降は、「ボカロP」が制作したVOCALOID曲を二次創作としてカバーし活動するアマチュアシンガーが増加した。VOCALOID文化とともに、それを歌う「歌い手」文化が相互に作用し、ニコニコ動画やYouTubeで人気ジャンルとして成長していった[2][5]

「歌い手」出身のアーティスト編集

下記のアーティスト(一例)は、ニコニコ動画やYouTubeの歌ってみた動画をきっかけに商用CDデビューした歌手(歌い手)である。

脚注編集

関連項目編集