メインメニューを開く

日劇「加山雄三ショー」より『歌う若大将』(うたうわかだいしょう)は、加山雄三主演の日本映画若大将シリーズの第8弾。東宝の製作・配給により1966年9月10日に公開された。同時上映は黒沢年男星由里子主演の『パンチ野郎』。

歌う若大将
監督 長野卓
脚本 田波靖男
製作 藤本真澄
出演者 加山雄三
ザ・ランチャーズ
大橋節夫とハニー・アイランダース
音楽 弾厚作
森岡賢一郎
配給 東宝
公開 日本の旗 1966年9月10日
上映時間 71分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 アルプスの若大将
次作 レッツゴー!若大将
テンプレートを表示

目次

概要編集

1966年7月15日から7月17日までの3日間、日劇で約2万7000人を動員した加山雄三初のワンマンショーの模様を中心に、タヒチでの加山のプライベートショット、若大将シリーズ『大学の若大将』から『ハワイの若大将』の名場面で構成されている。

キャスト編集

スタッフ編集

(製作スタッフ)

(日劇ステージショースタッフ)

挿入歌編集

  • 君といつまでも」(作詞/岩谷時子・作曲/弾厚作
  • 「マイ・ジプシー・ダンス(君が好きだからの英語版)」(作詞・作曲/弾厚作)
  • [君の瞳の蒼空」(作詞/岩谷時子・作曲/弾厚作)
  • 「蒼い星くず」(作詞/岩谷時子・作曲/弾厚作)
  • 「白い浜」(作詞/岩谷時子・作曲/弾厚作)
  • 「波乗り」(作詞/岩谷時子・作曲/弾厚作)
  • お嫁においで」(作詞/岩谷時子・作曲/弾厚作)
  • 「砂と波」(作詞/岩谷時子・作曲/弾厚作)
  • 「アロハ・レイ」(作詞/岩谷時子・作曲/弾厚作)
  • 「夜空の星」(作詞/岩谷時子・作曲/弾厚作)
  • 「夕陽は赤く」(作詞/岩谷時子・作曲/弾厚作)
  • 「ブーメラン・ベイビー」(作詞・作曲/弾厚作)
  • 「ブラック・サンド・ビーチ」(作曲/弾厚作)
  • 「恋は赤いバラ」(作詞/岩谷時子、弾厚作(英詞)・作曲/弾厚作)
  • 「俺は海の子」(作詞/岩本敏男・作曲/弾厚作)
  • 「カラス」(作曲/弾厚作)

外部リンク編集