歌川国明

江戸時代の浮世絵師

歌川 国明(うたがわ くにあき、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

歌川国明
Hanging scroll, painting (BM 1881,1210,0.1755).jpg
ヒト
性別男性 編集
国籍日本 編集
くにあき 編集
生年月日不明な値 編集
死亡年月日不明な値 編集
兄弟姉妹二代目 歌川国明 編集
職業画家浮世絵師 編集
読み仮名うたがわ くにあき 編集

来歴編集

三代歌川豊国の門人。本姓は平沢、通称辰之助。歌川の画姓を称し一凰斎と号す。父は十四番組御徒士の平沢辰之助でその長男。作画期は弘化から慶応の頃にかけてで、源氏絵風俗画芝居絵横浜絵、風俗画などを描き、肉筆画も残す。弟は二代目歌川国明となっている。

作品編集

参考文献編集

関連項目編集