メインメニューを開く

歌川 国長(うたがわ くになが、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

目次

来歴編集

渓斎英泉編の『無名翁随筆』によれば初代歌川豊国の門人。俗称は梅干之助(ほやのすけ)、一雲斎と号す。江戸の生まれで芝口三丁目(現在の新橋駅東口近く)に住み、のちに金六町(現在の銀座八丁目の辺り)に移った。「組上燈籠絵、或いは細かき細工物に組上げる錦絵」すなわち立版古の絵を得意とし、また「酒席に興を添へる事を能くす」とあり、幇間をしていた桜川善孝、甚幸[1]といった人物とは一時の友人だったという。

作画期は享和から文化の頃にかけてで、作は黄表紙合巻の挿絵、役者絵、美人画、名所の浮絵や外国の風景を残している。なかでも『七奇図説』(『虞初新志』第十九巻所収)に基づく世界の七不思議を描いた横大判の錦絵は、ロドス島の巨像を描いた歌川国虎の作と並んで異色である。『増訂浮世絵』は国長の作で6(約2m)に余る大美人を描いた絵があったと伝える。

国長の没年については『東京美術家墓所誌』(1936年刊)に「文政十年(1827年)七月十八日」とあるが[2]、文政11年に初代豊国追善のため建てられた筆塚(豊国先生瘞筆之碑)には国長の名が見え、この頃まで存命だった可能性があり定かではない。『浮世絵師伝』は文政12年に四十余歳で没したとするが、その根拠については示されていない。『無名翁随筆』は「文化ノ末ヨリ文政ニ歿ス、四十余」と記す。墓所は『東京美術家墓所誌』によれば築地円正寺で無縁塔に合祀、戒名は釈清順居士。

作品編集

版本挿絵編集

錦絵編集

肉筆画編集

  • 「雪中美人図」 紙本着色 東京国立博物館所蔵
  • 「美人立姿図」 絹本着色 ニューオータニ美術館所蔵
  • 「菖蒲と武家奥方図」 紙本着色 奈良県立美術館所蔵
  • 「椿と花魁図」 紙本着色 奈良県立美術館所蔵
  • 「鮎釣る美人図」 紙本着色 奈良県立美術館所蔵
  • 「美人舞姿図」 紙本着色 奈良県立美術館所蔵

脚注編集

  1. ^ 『浮世絵師歌川列伝』は甚孝とする。
  2. ^ 『原色浮世絵大百科事典』第2巻も生年不明‐文政10年7月18日没とする。

参考文献編集