メインメニューを開く

歌川 芳信 (うたがわ よしのぶ、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴編集

歌川国芳の門人、歌川の画姓を称し一礼斎、一慶斎と号す。『市中取締書留』所収の「浮世画工名前書」に俗名は芳兵衛、坂本町二丁目(現在の日本橋兜町)に住むとある[1]。作画期は嘉永から文久の頃にかけてとされ、文久期に横浜絵を描いている。

作品編集

参考文献編集

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 柏木智雄・内山淳子・片多祐子 『はじまりは国芳 江戸スピリットのゆくえ』 横浜美術館企画・監修、2012年