メインメニューを開く

歌川 芳房(うたがわ よしふさ、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴編集

歌川国芳の門人。歌川の画姓を称し作画期は文政の頃とされる。文政11年(1828年)建立の豊国先生瘞筆之碑に、「国芳社中」として「芳房」の名が見えるが、作や経歴については不明。なお同じ国芳門下の通称大次郎も芳房(一宝斎)を称しているが、この大次郎は天保8年(1837年)の生れなので、瘞筆之碑に記される芳房とは別人である。

参考文献編集