メインメニューを開く

歌志内駅(うたしないえき)は、北海道歌志内市字本町1027番地にかつて設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)の歌志内線終着駅であった。電報略号ウタ

歌志内駅
歌志内駅に停車中のキハ40 184(1986年)
歌志内駅に停車中のキハ40 184(1986年)
うたしない
Utashinai
歌神 (1.1km)
所在地 北海道歌志内市字本町
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 歌志内線
キロ程 14.5km(砂川起点)
電報略号 ウタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1891年明治24年)7月5日
廃止年月日 1988年昭和63年)4月25日
備考 歌志内線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1976年の歌志内駅と周囲約1km範囲。写真中央より左側に当駅、左が砂川駅方面。当駅より右下へ空知炭鉱の下ノ沢選炭場へ向かう専用線。右上へは道路に沿って住友上歌志内砿への専用線が伸びていたが、こちらは既に撤去されている。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

歌志内線の廃止に伴い、1988年(昭和63年)4月25日に廃駅となった。

目次

歴史編集

  • 1891年明治24年)
  • 1899年(明治32年)下期 - 転車台設置[4]
  • 1906年(明治39年)6月1日 - 北海道炭礦鉄道の鉄道路線国有化により、国有鉄道に移管。
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定、歌志内線の駅となる。
  • 1914年大正3年) - 坂市太郎(後に坂炭礦(株)設立、1925年(大正14年)に住友と合併)上歌志内砿開坑[2]。サックシ選炭場までの上歌志内砿専用線(約2km)運用開始[2][3]
  • 不明 - 開北炭礦(後の北炭神威砿開北坑)の選炭工場積込みホッパーへ本線から分岐する専用線を敷設[2][注 1]
  • 1934年昭和9年)12月3日 - 駅舎改築[2]
  • 1947年(昭和22年)3月 - 北炭神威砿開北坑閉坑[2]
  • 1953年(昭和28年)1月1日 - 住友石炭鉱業上歌志内砿が、合理化のため坑内で繋がった住友赤平砿へ統合[2]。上歌志内の設備を廃止し、赤平側の設備へ一本化[2]。上歌志内砿専用線も廃止となる。
  • 1963年(昭和38年) - 北海道炭礦汽船が空知砿を分離し、空知炭礦(株)設立[2]
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物の取り扱いを廃止[1]
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、北海道旅客鉄道・日本貨物鉄道が継承。
  • 1988年(昭和63年)
    • 4月10日 - 石炭出荷の最終日。
    • 4月25日 - 歌志内線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有していた地上駅。ホームに接して駅舎があった。数本の側線が敷設されており、空知炭礦株式会社の空知炭鉱へ続く専用線も存在した。

駅名の由来編集

当鉄道敷設時までこの地には正式な地名がなく、ライマンの空知炭田調査以来「オタシナイ炭山」と呼ばれていた。「オタシナイ」(オタ・ウシ・ナイ)とはアイヌ語で「砂の多い川」という意味で、当地を流れるペンケウタシナイ川やパンケウタシナイ川から来ており、本来砂川駅周辺の地名であった。鉄道開業時になって当駅側にオタシナイに当て字をした「歌志内」の駅名が決定され、砂川駅は「オタシナイ」の意訳の方を宛てられて、それぞれ駅名がその地の地域名となった[5]

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
歌志内線
歌神駅 - 歌志内駅

駅跡地周辺編集

駅の跡地には、郵便局や「郷土館ゆめつむぎ」が建設されている。また、歌志内線の線路跡はサイクリングロードとして整備されており、当駅跡から焼山駅跡までを結んでいる。

バス停(歌志内市街)

脚注・出典編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 積込ホッパーは神威駅から北に10町(約1.1km)の後の歌神駅の南側、本線横の砂川駅に向かって右手にあった。専用線の分岐位置は昭和3年度線路一覧略図によれば起点約13.1km。大正12年版全国専用線一覧で1哩以下、昭和5年版全国専用線一覧にて作業距離最大1.3km(「開化炭礦線」と書かれているが「開北炭礦線」の誤り)。当坑は明治41年開坑の臼威炭礦が始まりで、本格的操業は大二神威炭礦を名乗った大正2年以降。その後大正7年から開北炭礦を名乗り、経営者も南昌洋行、金沢鉱業などを経て昭和18年より北炭空知鉱業所と変遷した。

出典編集

  1. ^ a b 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II』1998年JTB編集・発行。
  2. ^ a b c d e f g h i j 新歌志内市史 1994年3月発行。
  3. ^ a b 延長距離は札幌鉄道局発行昭和3年度線路一覧略図。
  4. ^ 『北海道鉄道百年史 上巻』1976年3月 日本国有鉄道北海道総局 編集・発行。
  5. ^ 歌志内市史 P126-131。

関連項目編集