メインメニューを開く

略歴編集

エピソード編集

  • 慶應義塾普通部では野球部で投手兼4番を務めた。慶應義塾体育会野球部では、1年間選手を経験した後、マネージャーに転向した。
  • 長嶋茂雄を最も愛した読売関係者の一人でもある。
  • 王貞治の監督としての能力を非常に評価しており、1988年に王監督が退任した時には報知新聞などの記者に「君、王君に言ってくれないか、僕は王君にもう一度監督をさせたかった」と語ったとも言われている。
  • 慶大野球部の後輩である藤田元司にも目をかけていた。経営評論家の針木康雄によると、正力がオーナーとして一番喜んだのは、1988年に藤田が2度目の一軍監督に就任したことだったといわれる。1度目の監督就任期間が好成績ながらわずか3年に終わったのを、悪いことをしたと気にかけていたからである[6]
  • 週刊少年ジャンプの創刊編集長であった集英社長野規とは親しい飲み友達だった。その縁で巨人軍の漫画化権を認めたり、ジャンプ連載漫画のアニメ化に協力するなど色々と便宜を図っていた。
  • 父・正力松太郎の死後、日本テレビにいた異母弟の正力武を追放した。武は、自身の人生を呪う様に酒を浴びるほど飲み続け、51歳で死んだ。しかし武の葬儀には亨も参列し、大声を上げて泣いたという[7]
  • 1970年代から1980年代にかけて毎年正月に日本テレビで放送されていた球団所属選手出演のバラエティ番組にて、場面冒頭ファンに対して年始の挨拶を行うのが恒例行事だった。
  • 実父の正力松太郎の別称:大正力(だいしょうりき)に対比して、小正力と呼ばれる。
  • 1996年(平成8年)12月に、長年務めた球団オーナーを渡邉恒雄に譲る形で職を退き、名誉オーナーへと就任。
  • 2006年(平成18年)2月10日、前日74歳で死去した藤田元司(慶大野球部の後輩でもある)の自宅へ弔問に訪れた。2月15日に球団と藤田家の合同葬として営まれた葬儀・告別式にも参列。
  • 読売新聞グループ本社社主のほか、よみうりランド・日本テレビの取締役、報知新聞社社長も務めた。
  • 王が一軍監督としてレギュラーシーズン優勝を果たした1987年にホテルの一室でベッドの上で飛び跳ねて優勝を喜ぶという行動が目撃されるなど、その言動から「変人」扱いされることもあったが、『巨人という幻想』(東邦出版ISBN 4809405052)の著者である宮崎満教(元内外タイムス記者)は「正力は純粋に巨人のことが大好きだった」と評している[8]

晩年の役職編集

  • 読売新聞グループ本社社主
  • 日本テレビ放送網名誉顧問[9]
  • 読売ジャイアンツ名誉オーナー

親族編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “読売新聞グループ本社社主、正力亨氏が死去”. 読売新聞 Yomi-Dr. (2011年8月15日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=45456 2011年8月15日閲覧。 
  2. ^ 元オーナー 正力亨氏死去 Iza News 2011年8月15日閲覧
  3. ^ 「巨人軍・正力氏が名誉オーナーに」『読売新聞』1996年12月12日東京朝刊27頁参照。
  4. ^ 巨人名誉オーナー 正力亨氏 92歳で死去 スポーツニッポン 2011年8月15日閲覧
  5. ^ 正力亨氏が死去 92歳、敗血症で デイリースポーツ 2011年8月15日閲覧
  6. ^ 正力亨氏が愛した「巨人」というオモチャ箱 週刊新潮2011年8月25日号
  7. ^ 佐野眞一『巨怪伝 下』(文藝春秋(文春文庫)、2000年)pp. 394
  8. ^ 宮崎満教『巨人という幻想』(東邦出版、2000年)pp. 57
  9. ^ 第78期 定時株主総会についてのご報告 日本テレビ放送網プレスリリース 2011年6月29日

参照文献編集

報道資料編集

  • 『読売新聞』1996年12月12日東京朝刊

関連項目編集