メインメニューを開く

正力松太郎杯国際学生柔道大会(しょうりきまつたろうはいこくさいがくせいじゅうどうたいかい)は大学生柔道による個人戦及び団体戦の正力松太郎の名を冠した国際大会。毎年1月に日本武道館で開催されていた。主催は全日本学生柔道連盟(学柔連)と読売新聞社[1]

概説編集

1983年1月5日~6日、個人戦と国別団体戦による第1回大会が開催され全日本柔道連盟(全柔連)とのトラブルが表面化する。1983年1月25日、全柔連から学柔連が脱退[2]。11月5日、全柔連から1984年の第2回大会に参加した選手、審判、役員は全柔連が主催や後援する大会、代表を派遣する国際大会には出場できなくなる旨の通知文が発行される。12月来日した国際柔道連盟(IJF)ケンパ事務総長は「全柔連が言う処分が下されたときはIJFとして処分は無効という声明を出すかもしれない」と述べた。

1992年以降、団体戦は実施されなくなる。さらに1992年以降はそれまでの毎年開催から隔年開催となる。しかし、1998年を最後に大会の幕が閉じることとなった。この大会の参加資格は大学の学籍を有していて大会開催時に17歳以上28歳未満であることだったが、一部の外国選手は以上のケースに該当しなくても主催者側の特別招待によって参加していた[3]。また、この大会では女子の部が設けられることはなかった。

歴代優勝者編集

歴代優勝者
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 95kg超級 無差別 団体戦
1983年  木田守  山本洋祐  宮腰裕之  赤星陽治  ファビアン・カヌ  バレリー・ディビセンコ  正木嘉美  斉藤仁  日本
1984年  パトリック・ルー  ユーリ・ソコロフ  塚田信哉  田所勇二  及川幸雄  須貝等  堀雅人  アカキ・キボルザリゼ  ソ連
1985年  熊本修治  松雪博  古賀元博  ウラジーミル・シェスタコフ  ペーター・ザイゼンバッハー  須貝等  渋谷恒男  正木嘉美  日本
1986年  熊本修治  尹容勃  飛崎哲治  松田亮一  ビクトル・ポドゥブニー  金丸明人  グリゴリー・ベリチェフ  グリゴリー・ベリチェフ  ソ連
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 無差別 団体戦
1987年  越野忠則  丸山顕志  古賀稔彦  鏑木文隆  村田正夫  金丸明人  ヘンリー・ストール  ソ連
1988年  越野忠則  大熊政彦  古賀稔彦  バシール・ワラエフ  徳田真三  エフゲニー・ペチュロフ  エルビス・ゴードン  ソ連
1989年  今川義則  大熊政彦  古賀稔彦  バシール・ワラエフ  山本旗六  エフゲニー・ペチュロフ  グリゴリー・ベリチェフ  日本
1990年  安孝光  グラム・モデバーゼ  古賀稔彦  金炳周  ビタリー・ブデュキン  竹村典久  スタニスラフ・カソエフ  日本
1991年  金鐘萬  大幡悦雄  杉野健次郎  バシール・ワラエフ  中村佳央  賀持道明  養父直人  日本
1992年  木村勝範  斉藤武史  土屋好英  バシール・ワラエフ  アクセル・ローベンシュタイン  テオ・メイヤー  ダヴィド・ハハレイシヴィリ  日本
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 95kg超級 無差別
1994年  木村勝範  中村行成  曽根由多  尹東植  ニコラス・ギル  アンタル・コバチ  フランク・モラー  フランク・モラー
1996年  堤時貞  鄭世勲  ウド・クエルマルツ  中野陽一  イスカンデル・ハシシャ  金岷秀  真喜志慶治  窪田茂
60kg以下級 66kg以下級 73kg以下級 81kg以下級 90kg以下級 100kg以下級 100kg超級 無差別
1998年  玄承勲  浅見重紀  ジミー・ペドロ  塘内将彦  マルコ・スピットカ  井上智和  井上康生  小嶋新太

過去の主な優勝者編集

オリンピックや世界選手権でメダルを獲得した選手

脚注編集

  1. ^ 「大会記録 正力杯国際学生柔道大会」『柔道大事典』 アテネ書房、ISBN 978-4871522052、632-635頁
  2. ^ 全日本柔道連盟50年誌 第四部資料編 日本柔道史年表「全柔連の歴史・国内の柔道界」”. 全日本柔道連盟. 2019年10月2日閲覧。
  3. ^ 「第9回正力松太郎杯国際学生柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、1991年3月号、111頁

外部リンク編集