メインメニューを開く

正十二面体

十二の面を持つプラトン立体

正十二面体(せいじゅうにめんたい、: regular dodecahedron)は立体の名称の1つ。空間正五角形12枚で囲んだ凸多面体

正十二面体
正十二面体
種別 正多面体十二面体
面形状 12枚の正五角形
辺数 30
頂点数 20
頂点形状 53
Dodecahedron vertfig.png
シュレーフリ記号 {5, 3}
ワイソフ記号 3 | 2 5
対称群 Ih
双対多面体 正二十面体
特性 凸集合
テンプレートを表示
正十二面体投影図(辺心図)

目次

性質編集

計量編集

面の面積  
表面積  
体積  
最長対角線の長さ  
外接球半径  
内接球半径  

頂点の座標編集

20個の頂点の標準的な座標の一つは次の通り。ここで φ黄金比 (1 + 5)/2 である。

  • (±1, ±1, ±1) (複号任意) の8個
  • (0, ±φ−1, ±φ) (複号任意) の全ての偶置換 12個

正十二面体の作り方編集

 
投影図
  • 正十二面体は、立方体から簡単に作ることのできる正多面体である。
  • 正十二面体も切稜立方体と同様、立方体の12の稜を一様に切り取って作る。それは、投影図が、直交する3方向に現れることに基づいている。投影図は100ミリの立方体から切り取る部分の寸法を示しているが、これは黄金比にあたる。
  • 切り取る三角形の赤丸の角度が切稜の角度になる。約31.7度である。

立方体から正十二面体を作る様子編集

発泡スチロールカッターを使って立方体から正十二面体を作る様子を示す。

 
X軸まわりの切稜
 
Y軸まわりの切稜
 
Z軸まわりの切稜
 
立方体切稜による正十二面体の完成

正十二面体の証明編集

 
原論』第13巻の定理17の図

ユークリッド原論』第13巻の定理17においては、立方体の一辺を対角線の一つとする五角形のひさしをかけることによって、この五角形が等辺にして一平面上にありかつ等角であることが証明されている[1]

正十二面体をつくり,先の図形のように球によってかこみ,そして正十二面体の辺が余線分とよばれる無理線分であることを証明すること。 — 『ユークリッド原論』第13巻の定理17[2]

図に示したように、『ユークリッド原論』第13巻の定理17の説明[1]にあるギリシア文字ラテン文字に変更して述べると以下のようになる。

 先に述べた立方体の互いに垂直な二つの面 ABCD、CBEF が定められ、辺 AB,BC,CD,DA,EF,EB,FC のおのおのが G,H,K,L,M,N,O において2等分され,GK HL,MH,NO が結ばれ,NP,PG,HQ のおのおのが点 R,S,T において外中比に分けられ,RP,PS,TQ がそれらの大きい部分とされ,点 R,S,T から立方体の面に垂直に立方体の外側の方向に RU,SV,TW が立てられ,RP,PS,TQ に等しくされ,UB,BW,WC,CV,VU が結ばれたとせよ。五角形 EBWCV は等辺にして一平面上にありかつ等角であると主張する。 — 『ユークリッド原論』第13巻の定理17[3]

星型 編集

この図形をに持つ立体編集

 
大星型十二面体
 
小二重三角二十・十二面体
 
大二重三角二十・十二面体
 
二重三角十二・十二面体
 
5個の立方体による複合多面体
 
5個の正四面体による複合多面体
 
10個の正四面体による複合多面体

派生的な立体編集

 
切頂十二面体
t{5, 3}
 
二十・十二面体
r{5, 3}
 
変形十二面体
sr{5, 3}
 
五方十二面体
 
正十二面体と正二十面体による複合多面体

近縁となるジョンソンの立体編集

関連項目編集

脚注編集

参考文献編集

  • 小笠英志4次元以上の空間が見えるベレ出版、2006年5月25日。ISBN 4-86064-118-3 - pp.97-101に正十二面体の対角線の長さを全て求める方法が載っている。
  • 佐藤郁郎中川宏多面体木工科学協力学際センター、2011年3月、増補版。ISBN 978-4-9905880-0-7
  • 『ユークリッド原論』ハイベアメンゲ編、中村幸四郎寺阪英孝伊東俊太郎池田美恵訳・解説、共立出版 - 全13巻の最初の邦訳。

外部リンク編集