正四角台塔柱

ジョンソンの立体

正四角台塔柱(せいしかくだいとうちゅう、Elongated square cupola)とは、19番目のジョンソンの立体で、正八角柱の1つの底面に正四角台塔をつけた形である。また、もう一方の底面に、正四角台塔をつけると斜方立方八面体に、45度ひねってつけるとミラーの立体になる。

正四角台塔柱
正四角台塔柱
種別 ジョンソンの立体
J18 - J19 - J20
面形状 正三角形: 4枚
正方形: 13枚
正八角形: 1枚
辺数 36
頂点数 20
頂点形状 12(3, 43)
8(42, 8)
対称群 C4v
双対多面体 -
特性 凸集合
テンプレートを表示

性質編集

  • 表面積: 一辺を とすると 
  • 体積: 一辺を とすると 

関連図形編集

 
正八角柱
(正四角台塔を取り除く)
 
正四角台塔
(正八角柱を取り除く)
 
斜方立方八面体
(正四角台塔を同相になるように追加)
 
異相双四角台塔柱
(正四角台塔を同相にならないように追加)
 
正四角台塔反柱
(22.5°ねじる)
 
正三角台塔柱
(台塔の角の数を減らす)
 
正五角台塔柱
(台塔の角の数を増やす)

関連項目編集