メインメニューを開く

正宗 厳敬(まさむね げんけい、1899年明治32年) - 1993年平成5年))は、日本の植物学者

岡山県和気郡伊里村穂浪(現在の備前市穂浪)に生まれる。1929年昭和4年)、東京帝国大学理学部植物学科を卒業後、台北帝国大学理農学部助手となり、1934年(昭和9年)には同大助教授兼農林専門部教授となった。ボルネオ台湾の植物誌の編纂、ラン科植物の分類などを行うと同時に、植物地理学的な研究も行った。1964年(昭和39年)、金沢大学を定年退職。死後発見されたラン科植物のタイプ標本を含む標本は、神奈川県立生命の星・地球博物館に収蔵。

実兄に作家の正宗白鳥、国文学者の正宗敦夫、画家の正宗得三郎がいる。

主な著書編集

  1. 正宗厳敬. 1936. 最新臺灣植物總目録. KUDOA編輯部, 台北.
  2. 正宗厳敬. 1936. 植物地理學. 養賢堂, 東京.
  3. 正宗厳敬. 1937. 西表島植物の成立について. 植物及動物 5: 63-64.
  4. 正宗厳敬. 1939. 植物地理學, 訂正版. 養賢堂, 東京.
  5. チャールズ・ダーウィン(著)・正宗厳敬(訳). 1939. 蘭の受精. 白揚社, 東京
  6. 正宗厳敬. 1942. ボルネオの植物. 台湾総督府外事部, 台北.
  7. 正宗厳敬. 1943 (1944). 海南島植物誌. 台湾総督府外事部, 台北.
  8. 正宗厳敬. 1956. 植物地理学新考. 北隆館, 東京.
  9. 正宗厳敬. 1962. 森林植物生態学. 朝倉書店, 東京.
  10. 正宗厳敬・里見信生. 1963. 小豆島の植物. 北陸の植物の会.