メインメニューを開く
正宗文庫

正宗 敦夫(まさむね あつお、明治14年(1881年11月15日戸籍上は11月30日) - 昭和33年(1958年11月12日)は日本国文学者歌人

経歴編集

岡山県和気郡穂浪村(現在の備前市穂浪)生まれ。小説家文学評論家正宗白鳥の実弟。東京を活動の拠点とした兄とは違い郷里で家業を営み、その傍ら作歌をし、国文学の研究を行った。短歌は井上通泰に師事し、島木赤彦斎藤茂吉などとも親交を持った。昭和27年(1952年)、ノートルダム清心女子大学教授

昭和6年(1931年)、万葉集の歌のすべての用字をまとめた『萬葉集總索引』を編集[1]。また、歌文珍書保存会を主宰し、古書・稀少本を収集し、昭和11年(1936年)、財団法人正宗文庫を設立、自宅の敷地内に文庫を建設。文庫は貴重な資料庫として現存している。

歌碑編集

正宗白鳥生家跡近くの住吉神社(岡山県備前市穂浪)境内に正宗敦夫の歌碑がある[2]

脚注編集

  1. ^ 現在では、『万葉集総索引 単語篇』(平凡社、1974年)、『万葉集総索引 漢字篇』(同前)で読むことができる。
  2. ^ 岡山文庫 207 備前を歩く. 日本文教出版. (2000). p. 53-54. 

関連項目編集

参考文献編集

  • 正宗白鳥と敦夫」『岡山県総合文化センターニュース』第374号(1995年11月)および第375号(同年12月)。
  • 新美哲彦「正宗敦夫について」『ノートルダム清心女子大学日本語日本文学科ブログ』。

外部リンク編集