メインメニューを開く

正親町三条実有(おおぎまちさんじょう さねよし)は、安土桃山時代後期から江戸時代前期の公卿。官位は正二位権大納言。初名は実助(さねすけ)。

 
正親町三条実有
時代 安土桃山時代後期-江戸時代前期
生誕 天正16年(1588年
死没 寛永10年7月13日1633年8月17日
改名 実助→実有
官位 正二位権大納言
主君 後陽成天皇後水尾天皇明正天皇
氏族 正親町三条家
父母 父:正親町三条公仲、母:勧修寺晴右の娘
兄弟 実有中川貞秀豊長三条公広
公高実昭日野弘資
テンプレートを表示

経歴編集

文禄3年(1594年)叙爵。その後、侍従右近衛少将阿波権介右近衛中将蔵人頭をへて、慶長17年(1612年)に参議となり、公卿に列する。その後、権中納言踏歌節会外弁をへて、寛永3年(1626年)に権大納言に任じられた。寛永5年(1628年)に大宰権帥に任官した。

系譜編集

関連項目編集