正親町三条実望
時代 室町時代
生誕 寛正4年(1463年
死没 享禄3年3月5日1530年4月2日
改名 実統(初名)→実望→盛空
諡号 後慈光院
官位 正二位内大臣
主君 後土御門天皇後柏原天皇
氏族 正親町三条家
父母 父:正親町三条公治
兄弟 実興実望滋野井季国尊実鷹司兼輔
今川義忠の娘
公兄西園寺実宣
テンプレートを表示

正親町三条実望(おおぎまちさんじょう さねもち)は、室町時代公卿。官位は正二位内大臣。初名は実統(さねすべ)。号は後慈光院(ごじこういん)。

経歴編集

文明11年(1479年)に叙爵。以降累進して、右近衛少将右近衛権中将蔵人頭を経て、延徳3年(1491年)には参議となり、公卿に列する。権中納言を経て、永正4年(1507年)に権大納言となる。将軍足利義澄の側近的な存在で相伴衆に任じられただけでなく、義澄と朝廷管領細川政元との調停を行ったり、義澄のために奉書を作成したり、更に子の足利義晴を託される程であった。だが、永正の錯乱で義澄が将軍の地位を追われると、実望も身の危険を感じて一時妻の実家である駿河国今川氏を頼っている[1]。今川家では駿河山西の稲葉荘を賄領として与えられており、実望の死後は領主不在となり、今川氏が甲斐武田氏と和睦・婚姻同盟を結んだ際に仲介した甲斐河内領の国衆である穴山信友に与えられている。

その後、永正12年(1515年内大臣に任じられるもすぐに辞した。大永3年(1523年)に61歳で出家。法名は盛空(じょうくう)。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 山田康弘『戦国期室町幕府と将軍』吉川弘文館、2000年、102-106頁。ISBN 978-4-642-02797-7