正面通

正面通、鴨川にかかる正面橋部分、東山区

正面通(しょうめんどおり)は京都市の東西の通りの一つ。大和大路通方広寺から千本通まで。渉成園(枳殻邸)、東本願寺西本願寺などで中断する。渉成園と不明門通(この付近では烏丸通と一体)の間では中珠数屋町通とも呼ばれる。

正面通の名称は、方広寺大仏の正面につながる通りであることに由来する。

最東端部、豊国神社への参道にあたる大和大路通から本町通までの間およそ100mは、歩道と中央分離帯の整備された広い通りとなっている。ただし車通りはかなり少ない。それ以外の区間は対面通行は可能であるが道幅は狭い。

沿道の主な施設編集

関連項目編集