メインメニューを開く

武上 四郎(たけがみ しろう、1941年4月8日 - 2002年8月23日)は、宮崎県宮崎市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督解説者評論家

武上 四郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県宮崎市
生年月日 1941年4月8日
没年月日 (2002-08-23) 2002年8月23日(61歳没)
身長
体重
170 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト8位
初出場 1967年4月8日
最終出場 1975年10月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

経歴編集

プロ入りまで編集

中学時代から子分を40人も持つガキ大将で「ケンカ四郎」と呼ばれ、進学校の宮崎大宮高校では100メートル走を10秒9で走る俊足であった。1年次の1957年夏の甲子園に出場しているが、武上の出場はなかった。高校卒業後は中央大学に進学。東都大学リーグでは1963年秋季リーグで優勝、この時のエースは三浦宏(北海道拓殖銀行)であった。その後、2年下の高橋善正投手を擁し、1964年秋季リーグで2回目の優勝を飾る。同年10月には東京五輪デモンストレーションゲームとして開催された日米大学野球選抜試合に二塁手として出場している。リーグ通算86試合出場、330打数82安打、打率.248、0本塁打、21打点。ベストナイン3回(三塁手2回、二塁手1回)。大学同期に末次利光外野手がいる。大学卒業後の1965年河合楽器へ入社し、1年目の秋の産業対抗で敢闘賞を受賞したほか、都市対抗野球大会にも連続出場するなど活躍。

現役時代編集

1966年のドラフト(1次)8位でサンケイアトムズに入団し、1年目の1967年にはセ・リーグ新人最多記録となるシーズン3度の4安打を打つなど活躍[1]4月24日巨人戦(後楽園)で金田正一から初本塁打となるランニング本塁打を放つが、2リーグ制以後初の「プロ初本塁打がランニング本塁打」という記録を打ち立てる。打率.299はリーグ6位を記録したほか、土井正三(巨人)らを凌ぐセ・リーグ1位の守備率(失策わずか9)を残す。ベストナイン高木守道中日)に譲ったが、江夏豊阪神)を抑えて新人王を獲得。2年目の1968年にはリーグ最多の19犠打を記録し、同年から1971年まで4年連続でオールスターゲーム出場を果たす。アマチュア時代で大舞台慣れしていた度胸満点の闘志溢れるプレーで人気を博し、攻守ともに攻撃的な姿勢を見せる二塁手として弱小時代のアトムズ・スワローズを支えた。典型的なリードオフマンであるが、1969年には自己最多の21本塁打を放ち、1970年から1972年までは主に中軸を任される。貧打のチームでは致し方がない起用であったが、長打狙いで打撃のバランスを崩して苦しむ時期もあった。打者としてはチャンスに強く、守っては二遊間や一・二塁間の難ゴロをダイビングキャッチでさばく美技も見せた一方、正面のゴロをしばしばトンネルした。1970年に別所毅彦監督が解任される際、別所に「兼任監督をしてくれ」と要請されたが、当時29歳の武上はこれを固辞[2]1973年には故障もあって定位置を中村国昭に譲るが、チーム名が「ヤクルトスワローズ」となった1974年には復活。13年ぶりのAクラス入りに貢献したが、1975年に現役を引退。

引退後編集

引退後はヤクルトに残り、一軍打撃コーチ(1976年, 1979年)・一軍守備コーチ(1977年 - 1978年)を務めた。1980年、39歳の若さで監督に就任。待望の「チーム生え抜き監督」が誕生し、NPBのドラフト会議で指名を受けてプロ入りした元選手では、初めての監督就任となった。監督としての最初の仕事は選手の家族の誕生日調べであった。1年目の開幕カード・中日戦(ナゴヤ)では、4月5日の1戦目を先発の鈴木康二朗から井原慎一朗につなぐリレーで接戦をモノにすると、翌6日の2戦目では打たれてもいない先発の神部年男を短イニングで降板させて継投する奇抜な采配で派手な監督デビューを飾った。1年目は広島と優勝争いを繰り広げての2位と健闘したが、1981年以降チームは低迷。1981年8月15日巨人戦(神宮)では松本匡史が振り逃げで一塁セーフになると、自軍が4番手に送り出した大川章の投球を「今のはボールだ」と審判に抗議。自軍の投球がボールだという前代未聞の抗議をし、結局それが認められて打席に戻された松本は本塁打を打ってしまう[3]1982年1983年には2年連続の最下位と低迷。1984年は開幕から絶不調だったこともあり、4月26日限りで辞任。後任にはヘッド兼打撃コーチの中西太(監督代行)を経て、投手コーチの土橋正幸が就任。在任中は「三原監督と広岡監督をマッチした監督になりたい」と言っていたが、大杉勝男が自著『サムライたちのプロ野球』で、自身に対する仕打ちと「好き嫌いで選手を使っている」という批判しているような状況であった。監督辞任後の同年5月からはヤクルトの駐米スカウト兼任で、サンディエゴ・パドレスの客員コーチに就任。パドレスでも球団史上初のリーグ優勝に貢献し、日本人として初めてワールドシリーズのベンチに入った。帰国後はフジテレビプロ野球ニュース」に出演し、ベンチから見た大リーグについて語った。1985年から1994年にはテレビ朝日解説者サンケイスポーツ評論家を務め、サンスポではコラム「考Q筆打」を連載し、テレ朝では解説者の他に全英オープンゴルフのリポーターも務めたことがある。1995年から1996年1998年から2000年まで巨人の一軍打撃コーチを務めた。その合間の1997年に1年だけ、日本テレビテレビ東京解説者・サンケイスポーツ評論家を務めた。1998年8月2日阪神戦(甲子園)で槙原寛己が投じた死球を巡って、阪神の大熊忠義外野守備・走塁コーチと共に退場処分を受けたことがある。1999年頃から食欲がなくなりやたら寒気がするなど体に変調が現れ、以前より悪かった腎臓が激務と心労で悪化。透析治療が必要になることも予想されるほどであったが、2000年もコーチを続行。シーズン中は腎臓のほか胃潰瘍肝臓癌も見つかり、名古屋遠征中に貧血で緊急入院するなど壮絶なものとなり、退院後も毎晩試合後の自宅に主治医が来て点滴治療をしていた[4]。オフに深刻な体調不良を理由に辞任し、2001年からは日本テレビ解説者・サンケイスポーツ評論家に復帰。

2002年8月23日肝不全のため、神宮球場にほど近い東京都新宿区慶應義塾大学病院で逝去。享年61歳。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1967 サンケイ
アトムズ
ヤクルト
107 431 405 45 121 12 6 3 154 27 5 11 5 1 16 0 4 41 7 .299 .332 .380 .712
1968 125 536 480 55 136 22 1 4 172 30 7 7 19 1 34 2 1 68 7 .283 .332 .358 .690
1969 114 495 432 58 108 15 1 21 188 53 2 7 12 2 44 0 5 49 10 .250 .326 .435 .762
1970 121 480 431 51 114 11 1 9 154 39 8 7 4 1 40 0 4 52 7 .265 .333 .357 .690
1971 126 521 478 64 130 19 1 15 196 51 14 8 9 3 27 0 4 36 12 .272 .316 .410 .726
1972 101 335 294 31 82 19 2 5 120 38 8 6 10 2 27 1 2 30 1 .279 .344 .408 .752
1973 68 167 147 11 31 6 1 2 45 12 1 2 7 0 12 0 1 17 3 .211 .275 .306 .581
1974 113 427 384 45 100 13 0 5 128 33 7 8 1 1 40 1 1 38 7 .260 .332 .333 .665
1975 102 345 301 36 69 8 1 7 100 18 5 3 5 1 32 1 6 28 6 .229 .316 .332 .648
通算:9年 977 3737 3352 396 891 125 14 71 1257 301 57 59 72 12 272 5 28 359 60 .266 .326 .375 .701
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • サンケイ(サンケイアトムズ)は、1969年にアトムズ、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に球団名を変更

年度別監督成績編集

年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1980年 昭和55年 ヤクルト 2位 130 68 52 10 .567 6.5 132 .270 3.17 39歳
1981年 昭和56年 4位 130 56 58 16 .491 13.5 120 .255 4.30 40歳
1982年 昭和57年 6位 130 45 75 10 .375 23.5 95 .240 3.64 41歳
1983年 昭和58年 6位 130 53 69 8 .434 19 149 .266 4.52 42歳
1984年 昭和59年 5位 18 4 13 1 .235 25 101 .264 4.76 43歳
通算:5年 538 226 267 45 .458 Aクラス1回、Bクラス3回
※1980年から1996年までは130試合制
※1984年 開幕から4月26日まで

表彰編集

記録編集

初記録
その他の記録
  • プロ初本塁打がランニング本塁打:同上 ※2リーグ制以後初
  • 新人選手でシーズン3度の4安打 ※セ・リーグ史上初
  • オールスターゲーム出場:4回 (1968年 - 1971年)

背番号編集

  • 2 (1967年 - 1975年)
  • 70 (1976年 - 1984年)
  • 72 (1995年 - 1996年、1998年 - 2000年)

関連情報編集

出演編集

TV編集

CM編集

  • ヤクルトタフマン」(1981年 - 1983年。スワローズ監督としてビジター用[5]ユニフォーム姿で出演。1983年版ではヘッド兼打撃コーチの中西太と共演)

脚注編集

  1. ^ 【阪神】高山、早くも新人セ・タイ記録…シーズン3度目の4安打 2016年4月23日閲覧[リンク切れ]
  2. ^ サンケイスポーツ 1970年8月20日 2面
  3. ^ サンケイスポーツ 1981年8月16日 3面
  4. ^ あぁ!武さん...|柏 英樹のハーフタイム
  5. ^ 「野菜ジュース」の若松勉、「ジョア」の荒木大輔などはホーム用ユニフォームを着用しており、「タフマン」だけビジター用となった理由は不明。

関連項目編集

外部リンク編集