武五百建命
時代 上古古墳時代
生誕 不明
死没 不明
別名 健磐龍命とも
墓所 森将軍塚古墳説あり[1]
官位 初代科野国造[2]
主君 崇神天皇
氏族 多氏族科野氏金刺氏他田氏等の祖)
父母 父:敷桁彦命[3]
兄弟 武恵賀前命[3]
阿蘇都媛命会津比売神[4]
建稲背命速瓶玉命
テンプレートを表示

武五百建命(たけいおたけのみこと、たけいおたつのみこと、生没年不詳)は古墳時代豪族科野国造の一人。

概要編集

先代旧事本紀』「国造本紀」には神八井耳命の孫で崇神朝科野国造に任じられたと伝わる。これに関連して、武五百建命は科野大宮社を創建したという伝承がある。

『阿蘇家略系譜』や「門山家系図」などには阿蘇国造の祖・健磐龍命と同人として扱われるが、両者は活動年代も活動地域も全く異なっており、実際には九州の称多氏族の諸国造が『記紀』編纂時までに多氏と同族化した際、名前の類似から同人化したものと見る説がある[5][6]

系譜編集

武五百建命は神八井耳命曽孫である敷桁彦命の子、すなわち神八井耳命の4世孫とされる。兄に多氏の祖・武恵賀前命がおり、『阿蘇家系』では弟に火国造の祖・建緒組命がいる。また単に神八井耳命の孫とする説[7]や、神八井耳命の子に彦八井耳命を加えて5世孫とする説[8]、神八井耳命の11世孫とする説[9]もあるが、他氏族との世代関係からも4世孫とする説が妥当であるとされる[10]

祀る神社編集

脚注編集

  1. ^ 科野国造 ( 信濃 ) - 日本辞典(2018年7月6日午前4時29分(JST)閲覧)
  2. ^ 国造本紀科野国造条。
  3. ^ a b c d e 古代豪族系図集覧』。
  4. ^ 会津比売神社社伝
  5. ^ 多氏族概観」『古樹紀之房間』、2006年。
  6. ^ 宝賀寿男村崎真智子氏論考「異本阿蘇氏系図試論」等を読む-併せて阿蘇氏系図を論ず-」『古樹紀之房間』、2006年。
  7. ^ 『先代旧事本紀』「国造本紀」科野国造条。
  8. ^ 阿蘇郡誌』熊本県教育会阿蘇郡支会、大正15年。
  9. ^ 延川和彦著、「金刺氏略系図」『修補諏訪氏系図.続編』飯田好太郎、大正10年、13項。
  10. ^ 宝賀寿男「第2章 皇族系氏族 第1節 多氏族」『古代氏族系譜集成』上巻、古代氏族研究会、1986年、208-210頁。
  11. ^ a b 諏訪史料叢書. 巻28』。
  12. ^ 鈴木真年「阿蘇」『百家系図稿』巻六。
  13. ^ 太田亮「金刺」『姓氏家系大辞典. 第1巻』昭和9年、1589頁。
  14. ^ 延川和彦著、「金刺氏略系図」『修補諏訪氏系図.続編』飯田好太郎、大正10年、13項。

関連項目編集