メインメニューを開く

武公(ぶこう、? - 紀元前748年)は、春秋時代の君主(在位前766年 - 前748年)。姓は子、名は司空。戴公の子。戴公の後をうけて宋国の君主となった。

在位中に鄋瞞(長狄の一支族の国)軍の侵入を受け、司徒の皇父充石に軍を率いて迎撃させた。耏班が皇父充石の兵車を御し、公子穀甥が車右をつとめた。司寇の牛父が駟乗となった。宋軍は長丘で鄋瞞軍を破り、鄋瞞の縁斯を捕らえた。皇父充石とその二人の子はこのとき戦死した。武公は耏班に城門の関税徴収権を賞与したので、その門は耏門と呼ばれた。

武公の公女は、恵公の夫人となり、桓公を生んだ。

参考文献編集