メインメニューを開く

武器よさらば』(ぶきよさらば、A Farewell to Arms)は、1929年に発表されたアーネスト・ヘミングウェイの長編小説。

武器よさらば
A Farewell to Arms
著者 アーネスト・ヘミングウェイ
発行日 1929年
ジャンル 戦争文学
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 文章芸術
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

第一次世界大戦イタリアを舞台に、アメリカ人のイタリア兵フレデリック・ヘンリーとイギリス人看護婦キャサリン・バークレイとの恋を描く。ヘミングウェイ自身の、イタリア戦線従軍記者時の体験をもとにしている。

目次

あらすじ編集

第一次世界大戦中、イタリア兵に志願したアメリカ人フレデリック・ヘンリーだが、イタリア軍は理想とはかけ離れていた。その戦場で看護婦キャサリン・バークレイと出会う。初めは遊びのつもりの恋であったが、しだいに二人は深く愛し合うようになった。やがてキャサリンの妊娠が分かり、二人はスイスへと逃亡する。ところが難産の末、子と共にキャサリンは死んでしまい、最後は雨の中をフレデリックは一人立ち去ってゆく。

映画化作品編集

関連項目編集

脚注編集