メインメニューを開く

武家の棟梁(ぶけのとうりょう)とは、武家武士)の統率者である軍事貴族のこと。

概要編集

棟梁という言葉は今日では「大工親方」という意味で用いられることが多いが、元は建物の屋根の主要部分であるを指していた。棟と梁は建物の最も高い部分にあり、かつ重要な部分であるため、転じて国家などの組織の重要な人物を指し、また「頭領」・「統領」という表記も用いられた(『日本書紀景行天皇51年(121年)条において武内宿禰を「棟梁之臣」と表現している)。

10世紀から11世紀にかけて、各地に「堪武芸之輩」・「武勇之人」と呼ばれる人々が現れて武門の源流となり、それを統率する人物を「武門之棟梁」と称した。「武門之棟梁」は単一人とは限らなかったが、特に名声が高かったのは桓武平氏平維時維衡致頼清和源氏源満仲頼光頼信らであった。頼信の孫・源義家が称された「武士之長者」(『中右記』)も同様の意味であり、義家の子孫(河内源氏)は特に「天下第一武勇之家」と呼ばれた。その後、平清盛率いる伊勢平氏がその地位を奪うが、源頼朝鎌倉幕府を開いて「天下兵馬之権」を掌握して武家政権を確立、その死後に頼朝が有していた鎌倉殿としての軍事的権限と征夷大将軍の地位が次第に結びついて世襲されると、清和源氏-河内源氏の血を引く人物が「武家の棟梁=幕府の長・征夷大将軍」という図式が成立した。この図式は河内源氏嫡流断絶後に征夷大将軍を継承した摂家将軍宮将軍の元でも維持されることによって、「武家の棟梁」と征夷大将軍が同一のものとする認識が確立した。

ただし、「武家の棟梁」も時代によってやや異なる意味を有している。11世紀以前の「武家の棟梁」は朝廷(中央政府)が動員した兵士を率いて行動した下級貴族出身の軍事貴族であり、その根拠は京都にあって地方武士との関係は希薄であった。この傾向は源義家の時代になっても基本的には変わらず、東国武士との関係よりも治天)や摂関家などの朝廷を構成する特定権門とのつながりの方が重視された。こうした「武家の棟梁」が自己の下に地方武士を糾合してその地域の武士たちの政治的利害を代表するようになるのは、保元平治の乱が発生した12世紀中頃のことである。

また、地域単位における「武家の棟梁」も存続した例もある。大和源氏越智氏と抗争した大和国守護職を収めた興福寺の傘下にあった衆徒(大和武士)の指導者は幕府成立後も「棟梁」の地位を保ち、一乗院系の棟梁・筒井氏大乗院系の棟梁・古市氏が互いに大和武士の指導者の地位を巡って争った。

脚注編集

参考文献編集

  • 上横手雅敬「棟梁」(『国史大辞典 10』(吉川弘文館、1989年) ISBN 978-4-642-00510-4
  • 安田元久「武家の棟梁」(『日本史大事典 5』(平凡社、1993年)ISBN 978-4-582-13105-5
  • 仁平義孝「武門の棟梁」(『日本中世史事典』(朝倉書店、2008年) ISBN 978-4-254-53015-5

関連項目編集