武帝 (南朝斉)

南朝斉の第2代皇帝。蕭道成の長男。

武帝(ぶてい)は、南朝(南斉)の第2代皇帝。姓は(さく)。高帝蕭道成の長男。

武帝 蕭賾
第2代皇帝
王朝
在位期間 建元4年3月8日 - 永明11年7月30日
482年4月11日 - 493年8月27日
都城 建康
姓・諱 蕭賾
宣遠
諡号 武皇帝
廟号 世祖
生年 元嘉17年(440年
没年 永明11年7月30日
493年8月27日
高帝
高昭皇后劉氏
后妃 武穆皇后裴氏(追贈)
陵墓 景安陵
年号 永明 : 483年 - 493年
※幼名は龍児

生涯編集

父の高帝の死により即位する。即位後は国力増強に力を注ぎ、大規模な検地を実施した。あまりに厳しい検地であったため、逆に農民の反発を招くこととなってしまったこともあったが、反乱自体は微弱なものに過ぎず、検地は結果的に大成功したという。

また戸籍を整理したり、貴族の利権を削減して皇帝権力の強化に務めるなどの政治手腕を見せた。このため、武帝は南朝における名君の一人として讃えられている(その治世は「永明の治」と称えられた)。

なお、武帝の子孫は後に従弟の蕭鸞(明帝)が即位すると皆殺しにされている。

妻子編集

蘭陵蕭氏中国語版系図】(編集
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭整
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南朝斉
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭雋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭鎋
 
 
 
 
 
 
 
南朝梁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭楽子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭副子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)宣帝
0蕭承之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭道賜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)景帝
0蕭道生
 
(1)高帝
0蕭道成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)文帝
0蕭順之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(5)明帝
蕭鸞
 
(2)武帝
蕭賾
 
 
長沙王
蕭懿
 
 
 
 
 
(1)武帝
蕭衍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
臨川王
蕭宏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(6)東昏侯
蕭宝巻
 
斉皇帝
蕭宝寅
 
(7)和帝
蕭宝融
 
(追)文帝
蕭長懋
 
 
閔帝
蕭淵明
 
(追)昭明帝
蕭統
 
(2)簡文帝
蕭綱
 
(3)元帝
蕭繹
 
武陵王
蕭紀
 
臨賀王
蕭正徳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3)鬱林王
蕭昭業
 
(4)海陵王
蕭昭文
 
 
(追)安帝
蕭歓
 
(西1)宣帝
蕭詧
 
哀太子
蕭大器
 
武烈世子
蕭方等
 
愍懐太子
蕭方矩
 
(4)敬帝
蕭方智
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
豫章王
蕭棟
 
(西2)明帝
蕭巋
 
河間王
蕭巌
 
永嘉王
蕭荘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(隋)煬愍皇后
蕭氏
 
(西3)後主/靖帝
蕭琮
 
河間王
蕭璿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
梁皇帝
蕭銑

后妃編集

  • 武穆皇后 裴恵昭(即位前に没した。皇后を追贈された)
  • 范貴妃
  • 羊貴嬪
  • 張淑妃
  • 荀昭華
  • 周淑儀
  • 王淑儀
  • 江淑儀
  • 阮淑媛
  • 蔡婕妤
  • 顔婕妤
  • 楽容華
  • 傅充華
  • 何充華
  • 謝昭儀
  • 庾昭容
  • 謝宮人

男子編集

  • 文恵太子 蕭長懋(雲喬)- 母は太子妃裴恵昭。病死。
  • 竟陵文宣王 蕭子良(雲英)- 母は太子妃裴恵昭。病死。
  • 廬陵王 蕭子卿(雲長)- 母は張淑妃。廃帝海陵王の代、蕭鸞により処刑。
  • 巴東王 蕭子響(雲音)- 母は張淑妃。武帝の代、処刑。
  • 安陸王 蕭子敬(雲端)- 母は周淑儀。廃帝海陵王の代、蕭鸞により処刑。
  • (六男、早逝)
  • 晋安王 蕭子懋(雲昌)- 母は阮淑媛。廃帝海陵王の代、蕭鸞により処刑。
  • 隨郡王 蕭子隆(雲興)- 母は王淑儀。廃帝海陵王の代、蕭鸞により処刑。
  • 建安王 蕭子真(雲仙)- 母は周淑儀。廃帝海陵王の代、蕭鸞により処刑。
  • 西陽王 蕭子明(雲光)- 母は蔡婕妤。明帝の代、処刑。
  • 南海王 蕭子罕(雲華)- 母は楽容華。明帝の代、処刑。
  • (十二男、早逝)
  • 巴陵王 蕭子倫(雲宗)- 母は傅充華。廃帝海陵王の代、蕭鸞により処刑。
  • 邵陵王 蕭子貞(雲松)- 母は謝昭儀。明帝の代、処刑。
  • (十五男、早逝)
  • 臨賀王 蕭子岳(雲嶠)- 母は江淑儀。明帝の代、処刑。
  • 西陽王 蕭子文(雲儒)- 母は庾昭容。明帝の代、処刑。
  • 衡陽王 蕭子峻(雲嵩)- 母は阮淑媛。明帝の代、処刑。
  • 南康王 蕭子琳(雲璋)- 母は荀昭華。明帝の代、処刑。
  • 永陽王 蕭子珉(雲璵)- 母は顔婕妤。明帝の代、処刑。
  • 湘東王 蕭子建(雲立)- 母は謝宮人。明帝の代、処刑。
  • (二十二男、早逝)
  • 南郡王 蕭子夏(雲広)- 母は何充華。明帝の代、処刑。

女子編集

  • 呉県公主(長女、王慈の子の王観にとついだ)
  • 長城公主(次女、何敬容にとついだ)
  • 武康公主(三女、徐孝嗣の子の徐演にとついだ)
先代
高帝
の第2代皇帝
482年 - 493年
次代
廃帝鬱林王