武 平三(たけ へいぞう、1914年5月20日 - 2001年5月19日)は、元騎手で、日本中央競馬会栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師である。武彦七は父、武輔彦調教師は兄、武宏平調教師、元騎手の武永祥調教助手は子、武英智騎手は孫、作田誠二調教師は娘婿、武邦彦元調教師は甥である。

来歴編集

1934年、騎手デビュー。

1936年、第5回東京優駿大競走に騎乗する。単勝8番人気のヒダカヤマで11着だった。

1938年、調教師となる(1942年まで騎手兼業)、京都競馬場所属。

1969年、栗東トレーニングセンター開設に伴い栗東へ移転する。同年、管理馬から栄養剤が検出され、これが競馬法違反となり3年間の調教師資格停止処分を受ける。1972年に処分解除。

1992年、定年のため調教師を引退する。JRA通算成績は7513戦 735勝(重賞20勝)。

2001年5月19日、肺炎のため86歳で死去[1]

調教師時代の弟子には、子である宏平、永祥、甥の邦彦、戸山為夫福永甲らがいる。

おもな管理馬編集

おもな厩舎所属者編集

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 斉藤義美(1955年 - 1957年 騎手)
  • 武邦彦(1957年 - 1967年 騎手)
  • 福永甲(1961年 - 1966年 騎手)
  • 田口光雄(1963年 - 1968年、1972年 - 1974年 騎手)
  • 武宏平(1968年、1972年 - 1976年 厩務員、調教助手)
  • 武永祥(1972年 - 1984年、1991年 - 1992年 騎手)

脚注編集

  1. ^ アラカルト(競馬ニホン、2001年5月20日)