武智豊子

日本の喜劇人

武智 豊子(たけち とよこ、1908年8月25日 - 1985年7月18日)は、日本喜劇人映画女優である。晩年は武知 杜代子と改名している。本名は細江 ふじ、旧姓は阿久津。

たけち とよこ
武智 豊子
本名 細江 ふじ
(旧姓:阿久津)
別名義 武知 杜代子
女エノケン
生年月日 (1908-08-25) 1908年8月25日
没年月日 (1985-07-18) 1985年7月18日(76歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市下谷区 (現在の東京都台東区)
死没地 日本の旗 日本北海道釧路市
職業 喜劇人映画女優
活動期間 1925年 - 1985年
配偶者 細江徳二
テンプレートを表示

浅草時代は、その小柄な体躯とかすれ声から「女エノケン」と呼ばれ、映画では30歳代から老け役で活躍した。

来歴・人物編集

戦前・浅草の女エノケン編集

1908年(明治41年)8月25日東京市下谷区(現在の東京都台東区)に生まれる。

1923年(大正12年)9月1日関東大震災後、通っていた下谷の高等女学校[1]を15歳で中退し、「曾我廼家五九郎一座」に参加、1925年(大正14年)に17歳で初舞台を踏む。その後、1929年に旗揚げした榎本健一(エノケン)の「カジノ・フォーリー」(浅草水族館2階)に参加、1931年旗揚げのエノケン・二村定一二人座長の「ピエル・ブリヤント」に参加、角筈ムーランルージュ新宿座を経て、ふたたび「エノケン一座」に合流した。身長145センチの小柄さとしゃがれ声から「女エノケン」と呼ばれ、その当時はすさまじい人気で、東京六大学に「武智豊子親衛隊」ができたほどであった。

1931年(昭和6年)にレコードディレクター細江徳二と結婚し、二女をもうける。1934年(昭和9年)、榎本健一主演の『エノケンの青春酔虎伝』で映画デビューする。また、1938年(昭和13年)6月、29歳のとき、前年オープンしたばかりの本所区錦糸町江東劇場江東楽天地、現在は墨田区江東橋4-27-14のリヴィン)で「武智豊子一座」を旗揚げした。翌1939年1月、エノケンとのデュエット盤『流行歌数へ唄』を発表。同年3月一座を解散。

戦後・映画のなかの強烈老婆編集

1945年(昭和20年)、36歳で終戦を迎える。

戦後も映画、テレビで印象の強い名バイプレーヤーとして活躍した。若いときから老け役を得意とし、1950年代 - 1960年代には、日活撮影所松竹大船撮影所を中心にフル稼働した。そのさなかの1962年(昭和37年)、夫・細江と死別する。

1956年から1966年まで続いたNHKテレビ「お笑い三人組」の、おふで婆さんが有名。

1970年には、左卜全の『老人と子どものポルカ』のヒットを受け、上田吉二郎とのデュエット盤『上吉・豊子の…ハレンチ・アモーレ』をレコーディング、発表した。翌年上田は声帯を切除するので記録としても重要な音源である。

1977年、翌1978年に70歳を迎えるにあたり、姓名判断によって武知 杜代子(読み同じ)と改名。ちょうどTVアニメ『無敵超人ザンボット3』に、女優としてよく演じていた役柄とは異なる、乙女心も忘れない“可愛いおばあちゃん”の声でレギュラー出演していた時期で、同番組のキャストクレジットにおいては第4話までが旧芸名、第5話からは新芸名となっていた。

1985年7月14日、仕事先の釧路空港心臓発作に倒れ、7月18日、心不全のため釧路市内の入院先、谷藤病院で死去。76歳没。浅草寺境内の「喜劇人の碑」に「武智豊子」の名を残す。また、武智のレコード音源は2曲ともCD化されている。

フィルモグラフィ編集

映画編集

1950年代編集

  • エンタツちょび髭漫遊記 (1952年) 主演横山エンタツ宝プロダクション
  • 恋人のいる街 (1953年)
  • お母さんの結婚 (1953年)
  • 浮気天国 (1953年)
  • 花嫁の性典 (1953年)
  • 忍術罷り通る (1953年)
  • 神州天馬侠 (1954年)
  • 重盛君上京す (1954年)
  • 巌ちゃん先生行状記 処女合戦 (1954年)
  • 落語長屋は花ざかり (1954年)
  • 若人のうたごえ (1955年)
  • ここに泉あり (1955年) ※中央映画
  • 踊り子行状記 (1955年)
  • 胸より胸に (1955年)
  • 善太と三平 (1955年) 監督宮津博 ※教育映画
  • 君ひとすじに (1956年)
  • 東京のテキサス人 (1957年)
  • 倖せは俺等のねがい (1957年) ※日活
  • 喜劇 駅前旅館 (1958年) ※東京映画
  • 盗まれた欲情 (1958年)
  • デン助の小学一年生 (1958年) 主演大宮デン助
  • 真昼の惨劇 (1958年)
  • 無鉄砲一代 (1958年)
  • おヤエの家つき女中 (1959年) 主演若水ヤエ子 ※日活
  • おヤエのママさん女中 (1959年) 主演若水ヤエ子 ※日活
  • 旗本退屈男 謎の南蛮太鼓 (1959年)
  • おヤエの身替り女中 (1959年) 主演若水ヤエ子 ※日活
  • 双頭の殺人鬼 (1959年) 主演ピーター・ダインリー、中村哲 ※アメリカ映画(原題:The Manster

1960年代編集

1970年代編集

武知杜代子名義編集

テレビ編集

ディスコグラフィ編集

シングル編集

関連事項編集

編集

  1. ^ 当時の東京府立あるいは東京市立の女学校はいわゆるナンバースクールで、「下谷高等女学校」あるいは「下谷女学校」という旧制女学校が存在した形跡はない。

外部リンク編集