武 永祥(たけ ながよし、1948年9月22日 - )は、JRA栗東トレーニングセンターに所属する調教助手で元騎手。長男は調教師で元騎手・調教助手の武英智、父は元調教師の武平三、兄は元調教師の武宏平、義理の弟は調教師の作田誠二、従兄弟に元調教師の武邦彦、従甥に騎手の武豊、調教師で元騎手の武幸四郎がいる。

来歴編集

1968年、騎手免許を取得する。騎手学校花の15期のひとりで、15期生の同期には岡部幸雄柴田政人福永洋一のほか、のちに義弟となる作田誠二らがいる。

初騎乗は3月2日、京都10Rでロツコウミドリに騎乗して6頭中5着だった。なかなか勝てなかったが、1969年2月15日中京第4競走(サラブレッド系5歳100万下・12頭立て)で、2番人気のラドオーに騎乗してようやく初勝利を挙げた。

デビュー4年目の1971年に出会ったアラブのシロタマツバキの主戦騎手として、1972年秋のタマツバキ記念で初重賞勝利を挙げると、翌年にはアラブ王冠、さらに翌年にはタマツバキ記念・春を勝つなど、同馬で通算8勝を挙げた。

ただ、身長が170センチメートル近くもあり、体重も重く減量苦もあって乗り鞍には恵まれなかった。1992年には、師匠で父の武平三の引退により、田中章博厩舎に移籍したが、武厩舎時代の1991年にデビューしたステイジヒーローの主戦騎手を務め、重賞競走こそ勝利できなかったものの、何度も3着に入るなどの活躍を見せて、騎手生活の晩年を飾った。

1980年12月31日に産まれた長男の英智は騎手デビューし、親子2代での騎手が実現した。

1993年、騎手を引退し、田中厩舎の調教助手となった。

おもな騎乗馬編集

参考文献編集

  • 「中央競馬騎手名鑑・昭和59年版」(日本中央競馬会、1984年)
  • 「週刊競馬ブック・1969年2月17日号」(競馬ブック、1969年)

関連項目編集