メインメニューを開く

武漢体育中心(ぶかんたいいくちゅうしん、簡体字: 武汉体育中心: Wuhan Sports Centre)は、中華人民共和国湖北省武漢市にある多目的スタジアムである。

武漢体育中心
Wuhan Sport Centre 01.jpg
施設情報
所在地 中華人民共和国の旗 湖北省武漢市漢陽区車城北路体育路
位置 北緯30度30分08秒 東経114度09分59秒 / 北緯30.502313度 東経114.166253度 / 30.502313; 114.166253座標: 北緯30度30分08秒 東経114度09分59秒 / 北緯30.502313度 東経114.166253度 / 30.502313; 114.166253
起工 1999年
開場 2002年9月2日
所有者 武漢市人民政府
運用者 武漢市体育局
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
使用チーム、大会

武漢卓爾 (中国サッカー・甲級リーグ)
2007 FIFA女子ワールドカップ
東アジアカップ2015

アジア陸上競技選手権大会2015
収容能力
60,000人
武漢体育中心
各種表記
繁体字 武漢體育中心
簡体字 武汉体育中心
拼音 Wǔhàn Tǐyù Zhōngxīn
発音: ウーハン ティーユー ヂョンシン
英文 Wuhan Sports Centre
テンプレートを表示

概要編集

2002年に設立された。収容人数は60,000人[1]、総敷地面積は80,445平方メートル。主にサッカーの試合に用いられる。陸上トラックとサッカーコートを有する体育中心体育場の他、13,000人を収容し室内競技全般に使用可能な総合体育館と、3,200人を収容し飛び込み台を有する屋内プールを完備する。

かつては中国サッカー・スーパーリーグに所属していた武漢光谷がホームスタジアムとして使用していた。2013年と2017年以降は武漢卓爾がホームスタジアムとして使用している。また、2007年には2007 FIFA女子ワールドカップの会場として[2]、2015年にはアジア陸上競技選手権大会の会場として使用された[3]2017年8月31日2018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選サッカー中国代表戦の会場として利用された。

交通アクセス編集

武漢地下鉄3号線6号線東風公司駅から徒歩5分程度。

脚注編集

  1. ^ worldstadiums.com
  2. ^ 六城会主体育场介绍:武汉体育中心体育场 (中国語) 武漢体育中心公式サイト、2012年7月10日閲覧。
  3. ^ Asia’s fastest, strongest and highest athlete heads to Wuhan for 21st Asian Athletics Championship.”. 2016年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月17日閲覧。

外部リンク編集