メインメニューを開く

武田信之 (武田信玄三男)

武田 信之(たけだ のぶゆき)は、甲斐国戦国大名武田信玄正室三条の方の三男。西保三郎とも称した。

 
武田 信之
時代 戦国時代
生誕 天文12年(1543年
死没 天文22年(1553年)?
別名 西保三郎
氏族 武田氏
父母 父:武田信玄、母:三条の方
兄弟 義信竜芳信之黄梅院見性院
勝頼真竜院仁科盛信葛山信貞
信清松姫菊姫
テンプレートを表示

生涯編集

天文12年(1543年)、甲斐国で武田信玄とその正室・三条の方の三男として生まれる。同母兄に武田義信、竜芳(海野信親)、同母姉妹に黄梅院北条氏政の妻)、見性院穴山信君の妻)がいる。

定説では幼少期に武田一族の西保氏を継承[1]し、天文22年(1553年)に11歳で夭折したとされている。西保(山梨市牧丘町)には甲斐源氏の一族・安田義定の居城である城山(要害城)が所在し、安田氏の名跡を継いでいたとされる武田一族の武田三郎の死去により、信之が安田氏の名跡を継いだとも考えられている[2]。また一説には分家の真里谷武田氏8代当主武田豊信がこの信之と同一人物ではないかとされる伝承もある。なお、武田家では永禄8年(1565年)10月に信玄嫡男の義信が謀反により幽閉される事件が発生し(義信事件)、義信は廃嫡され永禄10年(1567年)10月19日に死去する。信玄の子息は次男の竜芳は盲目であり、信之も早世していたため、武田家の家督は高遠諏訪氏を継承していた四男の勝頼が継承する。

上総国武田氏伝承編集

以下のような話が伝承しているが、これを裏付ける確たる史料は未だ見つかっていない。

上総武田氏の系譜に従えば、同氏宗家の最後の当主で天正18年(1590年)の豊臣秀吉小田原征伐軍に敗れて自害した武田豊信は、信之が養子として同氏に入嗣したものであるという。

また、「武田氏滅亡時、仁科盛信の三男晴正が、豊信が盛信の実兄にあたることを頼りに上総に落ち延びた」という伝承が遺されている。

房総叢書所収の「上総武田氏系図」には、豊信は「実ハ信玄三男」と記載され、事典類においてもこれを採用している記述がある[3]

脚注編集

  1. ^ 柴辻(2008)、p.22
  2. ^ 丸島(2015)、p.472
  3. ^ 例えば、『千葉大百科事典』(千葉日報社、1982年)の「武田豊信」(p.525、執筆者:樋口誠太郎)や『日本史諸家系図人名辞典』(講談社、2003年)の「武田氏」〈武田豊信〉(p.389、執筆者:小和田哲男)などが、信玄三男説を採用している。

参考文献編集

  • 柴辻俊六「武田信玄とその一族」『新編武田信玄のすべて』新人物往来社、2008年
  • 丸島和洋「武田信之」「武田三郎」 柴辻俊六・平山優・黒田基樹・丸島和洋編『武田氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2015年