メインメニューを開く

武田 博(たけだ ひろし、1945年8月22日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師・元騎手

武田博
Hiroshi-Takeda20110507.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市
生年月日 (1945-08-22) 1945年8月22日(74歳)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 京都→栗東・武田文吾(1964 - 引退)
初免許年 1964年
免許区分 平地・障害
騎手引退日 1976年
重賞勝利 7勝
通算勝利 962戦120勝
調教師情報
初免許年 1976年(1978年開業)
調教師引退日 2016年2月29日
経歴
所属 栗東T.C.(1976年 - 2016年)
テンプレートを表示

エピソード編集

名伯楽として知られた武田文吾調教師の長男として生まれた。出生地が宮崎県なのは、武田の家族の疎開先だったためである。

父文吾は、博を厳しくしつけた。叱るときには、博に競馬用のを持って来させて、それで叩くこともあったという。また小学校に入学したころには、毎日「調教日誌」を書かせるなど、早くから競馬社会に触れさせていた。失敗したり手を抜くと直ぐに見破られて叱りつけられるので、親子の関係と言うよりも師弟関係で、博はそれが嫌でたまらなかったという。しかし、中学校に入学した日に「調教師の仕事は馬をスタートラインにつけるまでで、あとは騎手任せだ。俺はお前(博)をスタートラインにつけたので、あとは自分で考えて行け。」と言われてからは、逆に何も言われなくなった。

やがて文吾に弟子入りして騎手見習となり、1964年には騎手免許を取得して晴れて騎手になったが、文吾は障害競走へ多く騎乗させた。競馬記者が「なぜ息子を危険な障害に乗せるのか?」と聞いたところ、「自分の息子をネコかわいがりして、どうして他人から預かった大切な子供を預かれるか。」と答えたと言う[1]

武田文吾厩舎には有力馬が数多く在籍しており、減量騎手の恩恵もあってシンザンキーストンといった名馬にもオープン戦などで騎乗し、勝利を挙げている。

1976年に調教師免許を取得して1978年に厩舎を開業。なかなか重賞競走を勝てなかったが、1993年に初めて重賞制覇[2]。その後もコンスタントに勝ち鞍を挙げ続けた。1990年代後半あたりからは、重賞を2勝したメイショウナルトを筆頭にメイショウの冠名を持つ松本好雄所有の馬を多く管理していた。

2016年2月29日をもって定年のため調教師を引退[3]。JRA通算6665戦492勝(うち重賞6勝)、ほか交流重賞2勝。引退時の管理馬は渡辺薫彦厩舎、本田優厩舎などに引き継がれた。

来歴編集

騎手成績編集

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 76 66 66 665 .114 .214
障害 44 59 52 298 .148 .346
120 125 118 963 .125 .254
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗・初勝利 1964年3月28日 - リユウタロー - - 1着
重賞初騎乗 1965年6月20日 アラブ大障害(春) ギヤルソンヌ 6頭 2 4着
重賞初勝利 1969年10月5日 阪神障害S(秋) ハードオンワード 5頭 1 1着
GI級初騎乗 1970年4月29日 天皇賞(春) ハードリボー 13頭 11 12着

主な騎乗馬編集

調教師成績編集

日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走・初勝利 1978年3月4日 - オンワードカツラ - - 1着
重賞初出走 1978年10月21日 デイリー杯3歳S ヒカリペガサス 11頭 4 3着
重賞初勝利[4] 1993年7月4日 ラジオたんぱ賞 エーピーグランプリ 9頭 5 1着
GI初出走 1978年11月12日 菊花賞 ホクザンシャトー 20頭 18 13着

主な管理馬編集

主な厩舎所属者編集

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

親族編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「日本の騎手」(中央競馬ピーアール・センター編、1981年)p201 - p203より。
  2. ^ a b 『優駿』1993年9月号、日本中央競馬会、144頁
  3. ^ 橋口弘、松田博、武田の3調教師がラストラン サンスポ競馬予想王 2016年3月7日
  4. ^ 『優駿』1993年9月号、日本中央競馬会、145頁

参考文献編集

  • 中央競馬ピーアール・センター(編)『日本の騎手』 日本中央競馬会 1981年

関連項目編集