メインメニューを開く

武田 康(たけだ やすし、1964年4月22日 - )は、愛媛県出身の元プロ野球選手捕手)。

武田 康
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 (1964-04-22) 1964年4月22日(55歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1982年 ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

今治西高では1981年、2年生の時に、小学校から同期のエース藤本修二投手とバッテリーを組み、夏の甲子園に出場。四番打者として活躍し準々決勝に進出するが、この大会に優勝した報徳学園高金村義明投手に抑えられ、1-3で敗退。1年上のチームメートに渡辺弘投手がいた。翌年夏は県予選決勝に進出するが川之江高に敗れ、甲子園出場を逸する。

1982年プロ野球ドラフト会議横浜大洋ホエールズから5位指名を受け入団。

1987年にはMLBテキサス・レンジャーズ傘下(当時)のルーキー級ビュート・カッパーキングスに、1年間野球留学した。しかし、帰国後も一軍出場は果たせないまま、1990年限りで現役を引退。

引退後は、横浜のスカウトとなり、山口俊などの獲得に携わった。

2006年から読売ジャイアンツスカウトに就任[1]長谷川国利スカウト同様、横浜フロントとのいざこざが移籍の原因となっている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 57 (1983年 - 1989年)
  • 42 (1990年)

脚注編集

  1. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P20

関連項目編集

外部リンク編集